<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

思い出の地を紙地図で巡る。

昨日の夜、暮らしていた南仏の街の地図を出した。
広げると、ふわっと外国の香水のにおい。んん、ちがう・・
住処だったあの庭小屋の懐かしいかおり。
しみこんでいるのでしょう、未だ残っているなんて。
やっぱり紙の地図、いいなぁ。かおりつきだもの。

なんてことを思いながら、目をこらして地図を読む。

自分の住んだベルナーさんちの庭小屋のアパルトマン、
毎日のように行き来した友だちのアパルトマン、
「泉」という名の通りにある友だちのアパルトマン、
何度も何度も通った噴水、
テーブルやマットレスを運んだ道、
ひと休みをしたカフェや本を読みに行った公園、
ピクニックをした公園、
刺激を受けた作家のアトリエ、
マルシェの場所・・・・などなど、
地図の中で懐かしい場所で懐かしい人たちにも会った感じがして、
旅を楽しんだ気分に。
空想旅行。

f0120569_2001916.jpg

こんな懐かしさにひたる時間のきっかけをつくってくれたのは、
この夏、マルセイユへ行く友人からのちょっとした問い合わせから。
子どもと一緒のマルセイユ。ということで、
向こうに住む子どものいる友人たちに聞いた情報と、
役にたたないような私のおすすめをざっとまとめる簡単な作業をした。
こんなことができる時間が、ありがたく、うれしかった。

寝る前に目をつぶって、あるコースを歩いてみた。
☆☆
ベルナーさんちの庭小屋から中庭に出て、上の窓を見上げてジャンヌと挨拶を交わし、
バタンと大きな音で閉まる戸の音に気をつけながら閉めて、
階段をおりて重い扉を開け、アパルトマンの外に出る。
通りに置かれた緑色の大きなゴミ箱にゴミ袋をストンと落とす。
BD Aristide Briandを渡り、角のパン屋さんのパンの香りをかぎながら、
強い日差しをよけるように手をかざす。
ゆるやかな坂道をくだり、お肉屋さんの前でマダムはいるかな?と、ちらっとのぞいて、
(ときにそのまま)カテドラルへ。観光客がいない時間で、静まりかえっているカテドラル。
緊張する授業の前にはここで気持ちを落ち着けた。
そしてすぐ向かいにある学校、Institutへ。
☆☆

よしよし。目をつむってもいまだってちゃんと歩ける。
この記憶、いつまでも。。。
そのまま眠りについて、そのまま夢の中で街歩きの続きができれば、
天国へ旅立ってしまったジャンヌに会えれば・・・・、
と思っていたけれど、
まったく別の夢を見た。。。。

友人はまるまる1ヶ月、フランスの空の下で家族でヴァカンス。
北から、南、中央へも。
旅程は私にとってまさに夢のようなプラン。絵に描いたようなプラン。
日本に帰国されたらこのブログでご紹介できれば、と思っています♪
f0120569_2005926.jpg



昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-06-28 20:20 | フランス追想 | Trackback | Comments(10)

それぞれの、フランス~30年振りのパリ、はじめてのパリ。

旅の話を読んだり、聞いたり、写真を見たりすることが大好きです。
それが愛しの国、フランスのことだったら、なおのこと。
通りの名前、駅の名前、お店の名前、お菓子の名前・・・・にさえも、
ほのぼのとした喜びが胸の底からわき上がってきたりして。

同じ旅はふたつとなく、みんなみんな唯一無二、オリジナルの旅。
chikaさんも、Isabelleさんも。

■暮らすように楽しむパリ。

ブログがきっかけで知り合うことができた、chikaさん。
chikaさんは30年振りのパリで、お嬢さんとの女子二人旅。
快適そうなアパルトマンを借りて、スーパーやマルシェでお買い物を楽しんだり、
お花を飾って、お料理をつくって、
まさに“暮らすように”パリを満喫されていました。
もちろん観光も。ルーヴルのピラミッドをつまんだり(笑)、 
あそこへのぼって見晴らしに感動したり。
今回の旅のメインテーマ、“パティスリーを巡って、ケーキの食べ比べ”もしました。
パティシエールの経験を持つお嬢さんと、
グルメなchikaさんのパリ・ケーキの食べ比べは、いかに ~♪
そしてそして、30年振りのパリはchikaさんの目にどのように映ったのでしょうか。
くわしくは、こちらを↓クリックしてご覧ください。
Cozyで楽しい暮らしに憧れて♪
(↑パリですが、今現在の記事はデンマークです♪)

f0120569_2123267.jpg


■60歳、はじめて海外へ、パリへ。

コメントをいただき、何度かメールで連絡を取り合ってきた 、Isabelleさん。
(※勝手にイメージで名前をつけてしまいました ※ブログをやっておられないかたです)
はじめての海外、フランス、ひとり旅。何から何まではじめて尽くし。
はじめに私は「ツアーに申し込まれた方が・・・」、
「せめて送迎付きのプランに・・・」などと、
おせっかいなことを書いてしまったのですが、Isabelleさんは初志貫徹。
当初の考えのとおり、個人旅行を選択されました。(私はドキドキでしたが)
ネットでの飛行機とホテルのチケット手配からはじまり、
スーツケース選び、パスポートの申請、そして旅の計画。
着々と準備を進める中で、お仕事を休めるかという不安にかられたり、
ひとりで本当に行けるのだろうか・・など、気持ちの揺れが感じられたりしましたが、
Isabelleさんには大きな目的があったのです。
パリで開催されるある展覧会へ出席すること。
そのために、頑張っておられるIsabelleさんを、無力ながら、遠くから、
こっそり応援していました。
そして、先日、帰国のメールをいただき、1〜2行目あたりから、うれし涙、喜びの涙が。。
抱えれきれないほどの溢れる思い出と一緒に帰ってきた喜びが伝わってきて、ジーンと。。

ほんの一部分ですが、Isabelleさんのパリをご紹介します。(以下メールから抜粋)
***
シャルルドゴールで白タクに連れていかれそうになったのですが、なんとかクリア。
今思い返して、やはりこれが一番危ない出来事でした。
行きたかったモレ・シュール・ロワンに行く時には、
リヨン駅で電車が何番線に入ってくるのかを理解できるまで、
案内所のかわいい女性が根気よく、掲示板のところまで行って説明してくれました。
パリで一番気に行った場所は、ノートルダム寺院向かい、
左岸にあるシェイクスピア&カンパニーという書店です。
ホテルに近く何度も足を運んだ本当に素敵な場所でした。
2回目に行った時に2階から音楽が聴こえてきて・・
CDかかってるのかしら?
狭い階段をあがって行くとどうも生の音。
これまた狭い部屋を覗き込むと、本に埋もれた古いピアノを男の子が弾いていました。
楽譜をそっと見てみるとKiss The Rain。
しばらくして女の子が入ってきてぽんぽんとその男の子の肩をたたいて何かしゃべって、
それからピアノと歌がその部屋に充満して。Someone Like You。
偶然そんなシーンに出会えて・・。
展覧会のオープニングも大盛況でした。
本当にひとりで行けた!ちょっと嬉しいです。
そして、まあよくこんなに歩けるなと思うほど、歩きまわりました。
ひばりさんとの出会いに始まり、今回の何もかも初めての無謀なひとり旅では、
名も知らない幾人かの方々との出会いが用意されていて、忘れられない旅となりました。
生きていることは素晴らしいです。そして世界がすこし近く感じました。

***

年を重ねても、チャレンジする心意気、たのもしいです。
私もIsabelleさんのように年を重ねていきたいです。

「シェイクスピア&カンパニー」が一番気に入った場所だったとは、
Isabelleさんらしいと思いました。
私は中へ入ったことはないのですが、
「シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々」を読み、
いつか行ってみたい場所のひとつになりました。
詩の朗読会もあるようです。

あっ、ところで、Isabelleさん、お食事はどうされていたのでしょう。
やっぱり知りたい!聞かなくちゃ!



昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
f0120569_21323056.jpg

[PR]
by aix-en-provence | 2012-06-20 21:49 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(12)

一息、一輪。

花、一輪をかざり、

午後、一息。

お友だち手作りのお菓子をいただきながら。
f0120569_21253916.jpg
     
              有名店の焼菓子に負けない味。
               ひときれ、ふたきれ・・
              「美味しい美味しい」って、
               ぱくぱくいただきました。        

f0120569_2126191.jpg






昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-06-15 21:40 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(8)

翡翠色の和菓子、珠玉の一粒。

(ちょっとラジオCMふう、30秒くらい:笑)
パリッ
プシュ
ジュワッッ
ジャリジャリ
シャリシャリ
お砂糖と求肥、宝石のような果物・マスカット オブ アレキサンドリアが、
清々しい甘酸っぱい音を奏でます。
口の中に広がる音色も美味しさのひとつ。
この季節の贈り物、翡翠色の陸乃宝珠。
宗家 源 吉兆庵 から。

f0120569_2164321.jpg

いただきものの、陸乃宝珠。
それはそれは贅沢な和のフリュイ・コンフィでした。
じぶんでも買ってみたいと思いました。
陸乃宝珠ひとつぶは、高級ショコラひとつぶとほぼ同じお値段。。。。。
f0120569_2173764.jpg

(タネをとってからいただきましょう)



昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-06-10 21:18 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(4)

名前もかわいいんです。

パティスリー ミラベル。
フランス帰りのご夫婦が営むちいさなちいさなお店。
世田谷区桜ヶ丘1-8-5
小田急線経堂駅から商店街をぬけて農大、和光幼稚園・小学校方面へてくてく歩いて15分くらい。


このミラベルにとってもうれしいニュースが!

あかちゃんが産まれたそうです!

ふふふっ♪おんなのこ。

いつかお店を手伝ったり、ケーキを焼いたり、飾りつけをしたり・・・
そんなことをするようになるのかな。
ケーキ屋さんのもとにうまれた子、お友だちからうらやましがられそう。
帰り道、なんてことを思ったりして。

▽甘さとほろ苦さが好き、スペシャリテのサントノーレ。
f0120569_2104929.jpg

▽指ではじくとコツン。といい音がするカヌレ。
f0120569_2115370.jpg



フランスの暮らした街のマルシェで、生まれてはじめてMirabelleというかわいらしい名前、
小さくてまぁるい姿、色を与えられた果物を見つけ、
甘酸っぱいその味を知って、たちまち恋に落ちてしまいました。
f0120569_2155184.jpg




昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-06-04 21:24 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(8)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

仰(あお)ぐ。
at 2017-06-26 14:32
ジュール、7歳、ひょろり12..
at 2017-06-21 11:29
Petite France(..
at 2017-05-01 10:44
余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(92)
(46)
(46)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

> riemusik2さ..
by aix-en-provence at 13:58
> akicosmosA..
by aix-en-provence at 13:50
こんにちは。 お父..
by riemusik2 at 10:37
お久しぶりです。お父様の..
by akicosmosA at 06:33
chikaさ〜ん、ありが..
by aix-en-provence at 22:02
ひばりさ~ん、お久しぶり..
by chika1985chika at 17:50
hisaeさ〜ん、エク..
by aix-en-provence at 14:35

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル