<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クレノマルイニジ。

お昼を友だちと一緒に。
最近どう?
今年1年どうだった?
来年はどうする?何する?
横並びに座って、
ときどき通りを眺めながら、
ときどき横を向いて顔を見合わせながら、
そば粉のガレットを食べながら、
ながながと。

帰り道、「窓をキレイにしたら、ココロもキレイになったよ」と、ニホンゴで彼女。
帰宅して即、リビングの窓拭きをはじめたわたし。
そうしたら、いつもはカーテンにさえぎられ見えなかった虹がちらちらと出現。
太陽が沈む少し前の時間、橙色がかったやわらなか光を背景に、
無数の小さな虹がユラユラクルクル揺れてとってもキレイでした。
ちゃんと写真に再現できませんでした。
f0120569_20355961.jpg

虹製造機は2年前の彼女からの引っ越し祝い。

lever du soleil  6:50
coucher du soleil  16:36
とうきょう地方。

[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-28 20:42 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)

一文字一文字、ありがとう。

外国から送られてきたプレゼントとカード。

カードを開くと、それはそれは美しい文字がきれいに並び、
余白いっぱいに、こころあたたまる文章が綴られていました。
“手書き文字”から新たな一面を知って、つくづく、魅力いっぱいのかたなんだろうなって、
今日もカードを手に、想像の翼をひろげていました。
おそろいの『 Anthology 』、
毎日、写真を楽しみ、気になるところは電子辞書をぽちぽち押しながら(恥)読んでいます。
いつか素敵なおうちが、この雑誌や日本の雑誌のページを飾る日が来ると思っています♪
f0120569_21543351.jpg

「Merry christmas!」


ZARA HOMEのキャンドル。フランスから。
みっつ入っていたので、ひとつはキャンドル好きの友人へ、ノエルのお福分け。にしました。
f0120569_21545165.jpg

「Joyeux noël !」
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-24 22:14 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(6)

クリスマスの想い。

f0120569_21205016.jpg
    向き合える それだけでいい クリスマス   美里



f0120569_2121547.jpg
     キラキラの 輝きポッケに 聖夜の子    美里

子どもたちが、キラキラの包み紙をコートのポケットいっぱいに入れて、
はしゃいでいた、フランスのノエルの日の光景を思い出して。
この写真はベルナーさんちの庭小屋住まいのときの。
キラキラの包み紙と缶詰はジャンヌから。老人会の集まりのお土産。

[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-23 21:30 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(0)

北欧モノの「お鍋の見張り番」。

友人からのプレゼント。

さぁ、出番ですよ!

まずは、お鍋の見張り番。
煮込み料理の吹きこぼれ防止に。
f0120569_91515100.jpg


次ぎは、
お箸置きに。
f0120569_916913.jpg


こんな使い方も。
プランターに。
f0120569_9164132.jpg


お皿に差し込んでみたり・・・。
f0120569_9175531.jpg


検索してみると、チューブしぼりとしても使えるとのこと。

フィンランドの田舎町で、ひとつひとつ手作りで作られているものだそうです。
うちに来たこのニワトリは、ムーミンママみたいな人が、
作ったかも・・と想像しながら、木の香りをかいだりして。
素材はフィンランドの白樺。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-21 09:48 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)

近くて遠かった、パン屋の2階へ。

平日の夜:夕食をごいっしょに。
お店ができた当初から気になりながらも、2階へ上がる機会に恵まれず、
いつも1階でバゲットレトロドールを買って、赤い袋を手に外へ。
今回、「やっぱり行ってみたい。」ということで、予約を入れて、
ようやくブラッスリーへと続く階段をあがることができた。
ごいっしょしたNさんも同じことを思っていたよう。

通常のメニューの中から一皿、本日のおすすめの中から一皿。
オーブンから出てきたばかりの“歌うパン♪”を、
シャキュトリーや、濃厚なバターソースといっしょにお腹の中へ。

f0120569_2025096.jpgf0120569_203284.jpg
f0120569_20132112.jpg
           △デザートはタルトタタン(生クリーム添え)

今夏、訪れたというフランス北部の話や本の話、私の拠りどころフランス思いでばなしで、
お店の雰囲気も手伝って、谷川俊太郎さんの詩じゃないけれど、
ここがどこかになっていったような。そんな夜に☆



平日の雨模様の昼:お昼ごはんをスーさんとごいっしょに。
スーさんがシロガネーゼたちと何度か訪れたという、
プラチナ通り沿いのレストランにて。
「パリの街角で過ごすようなひととき」がコンセプトのカジュアルフレンチレストラン。
お互いに、しゃべりたいことをひたすらしゃべる。
相変わらずかみあわないところもあったけれど(笑)、
スーさんとは毎回、こんな感じ。

f0120569_20103033.jpgf0120569_20104346.jpg
                      
f0120569_20105629.jpg
            この他にさつまいものポタージュ。


仕事でお世話になっていた方々との師走のふたつのお食事会。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-18 20:36 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(7)

一年に1度の鎌倉。

今年も例年どおり、
鎌倉駅前の東急ストアでお線香を買い、お花を選び、知人の眠る名刹へ。
石の階段を上がって、総門をくぐり、「お墓参りに来ました。」と門番に声をかけ、参道へ。
本堂を臨みながら、墓地の方へと上がっていく。
空気は氷をふくんでいるようにつめたいけれど、こころが洗われるような。
空は背筋がスッと伸びるような、こんな目がさめるような、こんな色。
f0120569_932438.jpg
▽朝寝している方も。日だまりの中でぐっすり夢の中の・・寺ネコちゃん。
f0120569_961454.jpgf0120569_982849.jpg



















そして、お墓へ。
一年に1度訪れる度に、私たちが来る前にどなたかが居て手を合わせていた気配を感じる。
お線香のあとはきれいに掃除され、いきいきとしゃんとしたお花だけが、そのかたの証。
そのかたは、月命日や命日以外にも毎朝毎朝欠かさずに、お参りに訪れているのかもしれない。
自分より早く逝ってしまった息子さんに会いに。
今年もここへ来られてお参りができたことに感謝して、「また、来年来ます。」と私たちも手を合わせて。
f0120569_9115953.jpg

帰り道、寺ネコちゃんは起きていたけれど、熱心に毛づくろい中。
「顔を見せて」と軽くトントンと叩いてみるも、ダメ。毛づくろい中断してくれず。
修学旅行生たちが集まってきて賑やかになっても、何所吹く風、
寝ながら、片足あげたり、キュートなポーズでペロペロと毛ずくろいをやめない(笑。
起きたお顔、見られず、撮れず。


帰りに、元町・中華街で、謝甜記(しゃてんき)のお粥を。
鶏と椎茸、シャンツァイ、生姜の入った鶏がゆ。揚げ餃子とシュウマイ。
f0120569_9184177.jpg


いつかは、お墓の上できれいな蝶に出会い、今年は猫。
来年は・・・・・。ちょっぴり楽しみ。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-15 09:44 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)

フランス雑誌の頁から*マルメロ。

友人が送ってくれた『marie claire idées』から。

秋から冬にかけての季節の贈り物、マルメロ。
f0120569_2033288.jpg


f0120569_20342276.jpgこれをパテにしたものをマルシェでみかけました。
はじめて食べたのはジャンヌの妹のお手製。
←杏色をしたマルメロのパテ。
ゼリーと羊羹の間のような食感が、
どこかの名産品だと思うけれど、竹の皮に薄くサンドされた、
梅味のあのペロンとしたものにどこか似ているような。
味は朧げな記憶しかなく、甘酸っぱかったような。
マルメロはパテのほかに、ジャムやタルトにするようです。



           ▽マルメロのパテ、5ユーロ。
f0120569_2037578.jpg

           △看板犬。このワンちゃんが5ユーロではありません(笑。
            ククロンにて。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-12 20:48 | フランス追想 | Trackback | Comments(3)

楽しみ色のムスカリ。

今年の水で育てるムスカリ三姉妹。
ふたつは、3週間ほど前から育てているムスカリ。
ひとつは、先日、友人が瓶と球根をセットで送ってくれたもので、3日前に栽培開始。
時間差がかなりあるものの、芽の成長はほぼ同じ。

f0120569_1631571.jpg

f0120569_1665439.jpgf0120569_1671392.jpg






















友人からのいろいろな写真が切り貼りされた楽しい大きな手紙には、
「何色のムスカリが咲くのかお楽しみに!」と書かれていた。
今年は去年のように“迷えるムスカリ”になるのか、
どんなふうに成長していくのか、どんな香りがするのか、
そして、友人からのムスカリは何色なのか、
いろいろと楽しみがいっぱい♪

f0120569_1692957.jpg

[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-09 16:26 | とうきょう植物の記 | Trackback | Comments(0)

東京とちょっとヴェルサイユ。

あっ、此処、ヴェルサイユ宮殿の庭みたいじゃない?と思ったところが、
「フランス式整形庭園」だった。新宿御苑内の。
f0120569_925969.jpg

△対比が表せず、そして、ねむい写真になってしまったけれど、
右は等間隔、左右対称が美しいプラタナスのフランス風ロマンチックな並木道。
左は、東京・新宿の高層ビル群。
点景に(?)初々しいカップル♡

Émilienは、「こうやって歩いてると、東京って感じがあんまりしない。
でも、突然高層ビル群があらわれたりすると、あっ、僕は東京にいるんだって実感するんだ。」
今秋から日本の大学に留学中の若い友人と、新宿御苑へ紅葉を訪ねて。
f0120569_926919.jpg


彼は日本人家庭でホームステイをしているため、朝晩、しっかり日本食。
3ヶ月で体重がマイナス3キロダウンしたそう。
「カアサンノ ゴハンハ チョウオイシイケド、ニクトカチーズ、ソーシソン ガ タベタイネ。」
ホストマザーのことは、かあさん、ホストファザーのことは、とうさん、
息子さんのことは名前で呼んでいる。
フランス人が「かあさん」って呼ぶの、親しみが感じられて、あたたかくて、いいねって、
みんなで笑う。
体重が落ちたこと、フランスのmamanはちょっと心配らしい。
f0120569_9271270.jpg

Émilienは最近、一眼レフとレンズを購入。
外国人視点のユニークな写真をたくさん撮ってブログにアップしている。
3人でカメラクラブのように、いっせいに影を撮影(笑
2人はデジカメ、1人は銀塩。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-05 09:44 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(2)

ジェーン・バーキンの次は「青い部屋」。

シャンソンを習っているイトコに誘われて、はじめて「青い部屋」へ。
作家でありシャンソン歌手の戸川昌子が1967年につくった伝説のお店。
「青い部屋」と言っても、従来のかの「青い部屋」は昨年クローズとなったため、
現在はサラヴァ東京という会場をかりて、青い部屋企画のコンサートが行われているそうです。

f0120569_9273029.jpg何人かの歌い手さんの後、真打ち、登場!
姿も歌も貫禄いっぱい、ド迫力の戸川昌子さん。
毒舌トークも面白い。

シャンソンは、フランス語で、
カンツォーネはイタリア語で、
というように、その歌が生まれた国の言葉の方が
もっとずっと響くのではないかなぁと思ったけれど、
やはり詩の内容がわかった方がいいということでなのでしょう。
みなさんすべて日本語で、ちょっと残念。
イトコにはフランス語やイタリア語で歌ってほしいとリクエストしたけれど。



△画像は青い部屋のシンボル、青い薔薇のマークをバックにして、青いドレスで豪快に歌う、
戸川昌子。中上香代子さんという方のピアノ伴奏も素晴らしかった。


【青い部屋】
渋谷から43年の長きに渡り独自の文化を発信し続け、三島由紀夫など作家たちが集った社交場。
2010年、スタッフの金銭持ち逃げ事件があり閉店。なかにし礼、石川セリなどの有志が募金を募り、
現在、定期的にいろいろなライブハウスにてライブを開催中。

数日前のジェーン・バーキンと戸川昌子を比べることはできないけれど、
二人とも飾ることなく、正直に生きてきた女性なのでしょう。
やさしい強さ、たくましさがなんとなく見てとれました。


f0120569_951697.jpg
        ビクトル・ユゴーの部屋へ続く、青い廊下(フランスの学校)。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-12-02 09:40 | 映画・本・学び、アートの記 | Trackback | Comments(0)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

francanaさん、お..
by aix-en-provence at 12:38
おひさしぶりです!ついに..
by francana at 04:31
お久しぶりです!!ドレス..
by aix-en-provence at 18:56
素敵なドレスですね。 ..
by hisae-18 at 12:16
鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル