<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フランスの地名が入ったパラプリュイ。

フランスに暮らす、韓国人夫婦からのステキな贈り物。
まるでパウル・クレーの絵のような、Jin-Yun作のPapillonこちら


大好きなメーカーのチョコレートや、小枝のフランス版、ブレスレット、

そして、こちら、

Parapluie!
f0120569_2142423.jpg


広げると・・・・
ふふふっ・・・・
どこまでも・・・
Aix-en-Provence Aix-en-Provence・・・
地名が・・・・・♬
f0120569_2145991.jpg



「雨の日には、この傘をさして、
Aixのどこまでも青い空と乾いた空気を思い出すね」
と、ありがとうのメールを彼女へ。

それにしても彼女、この傘、どこで買ったのでしょう(笑)
よくぞ、見つけてくれました♪
私がいるときには、お土産屋さんとかで、こんなユニークな傘、
見たことがなかった。
PARISとかLYONとか、MARSEILLEの傘もあったりする?かな。
その日(雨)の気分で、
きょうは小雨だからパリ、
きょうはリヨン気分、
きょうの激しい雨はマルセイユ?
なんて、傘を変えてみるのもいいかも(笑)
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-28 22:03 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

パウル・クレーの絵のような。


画:Jin-Yun作 Papillon
f0120569_221296.jpg

Jin-Yunは4歳になったばかりの男の子。
フランス生まれの韓国人、フランス在住。
今秋から幼稚園。家族はパパとママと2歳の妹。


フランスから小包が届き、そっと開けてみると、
中には、こんなかわいい絵が♪
私の好きなパウル・クレーの絵みたい。
さっそく、フレームに貼りましょう!飾りましょう!

▽こちらの画像は、Jin-Yunの100日のお祝いのときの“おもちゃ箱ケーキ”。
「PAULでとっても気になるケーキを見つけた!」とママのYun-jinに言うと、
彼女がお祝いの日にそのケーキを用意してくれていたのです。
1と0と0のロウソクといっしょに。
f0120569_221387.jpg



Jin-Yunの絵のようなパウル・クレー。
f0120569_2215491.jpg



小包の中には、ちょっと驚く、おもしろいものをが入っていた。
後日、アップ予定。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-27 22:19 | 映画・本・学び、アートの記 | Trackback | Comments(7)

「ルリユールおじさん」のように。

あるとき友人が、吉祥寺の地下喫茶「くぐつ草」で、
フランスのReliure(ルリユール)のことを熱く語ってくれたあと、
すぐに彼おすすめの絵本を読んだ。
それがフランスの製本工芸、Reliureとの出会い。
以来、
いつかじぶんの手で、
古い本の化粧直しをしたり、ノートや本の製本ができたら・・・。
いいな。
そう、「ルリユールおじさん」のようにね。
と、思っていた。

先日、何度か行ったことのあるカフェ「イカニカ」で行われた、
製本のワークショップに参加。
これがルリユールと呼べるかどうかわからないけれど、
わたしにとってのはじめのちいさなちいさな一歩。
はじめてじぶんでつくった小さなノート2冊。
f0120569_8231362.jpg

表紙と見返しの天地がピタッと揃っていなかったり、穴のあけかたもデコボコしていたり、
ボンドのつけ方も悪く紙がしなってしまったところも。。。。
あまりにもお粗末な出来に、
帰宅して、具合が悪くなってしまったのです(笑)。すぐに復活(笑)。

はじめてじぶんでつくった2冊のノート。
ルリユールおじさん、これを見て、なんて言うでしょう(笑)。

翌日、不出来なノートでも、そんなに悪くないんじゃないの。と自分で慰めて。
なんのノートにしようか。まずはタイトルを決めよう。
そして、講師の西川順子さんの著書「雑貨屋さんの製本教室」(※)を購入してきたので、
少しずつ、いろいろと試して、楽しもう。

(※)「2時間で気ままにつくる 雑貨屋さんの製本教室」西川順子 斎藤珠美
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-26 09:29 | 映画・本・学び、アートの記 | Trackback | Comments(2)

パリのパン屋の紅白サラダ。

パリのパン屋さんのサラダ2種と、お肉屋さんのパテ。
赤と白のは、紅白で、なんとなく、おめでたい感じがする。
▽パリにて。
f0120569_19452739.jpg





赤と白に、太陽の色を加えて、
夏らしく。
カラフルに。
f0120569_19441923.jpg

ドレッシングは、ビネガーにオリーブオイル、塩、コショウ。あっ、バジルがない!!
急きょ、ピンチヒッター、herbe de Provenceをほんの少々パラパラと。

地味なテーブルがぱっと華やぐサラダ。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-18 19:58 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(4)

「本」をつくる宿題。

「世界で1冊の本をつくる」。
姪のドゥ、14歳、美術の宿題
「なんてなんて楽しそうな宿題なの!」

受験勉強に明け暮れている(?)彼女は私たちを頼って、塾が休みの2日間、
勉強を休止してうちに籠った。我が家には道具がたくさんあるので。


ページ構成を考えてから、スケッチブックに、切ったり、貼ったり、ちぎったり、コラージュしたり、絵の具で絵を描いたり・・・工夫しながら自分の手で進める。

f0120569_932192.jpgf0120569_9314560.jpg




















2日間、学校や塾の友だちの話、めざしている高校の話、ファッションの話、
ジィジとアンと行った英国旅などなど、話題は尽きず、ずっとずっとしゃべりっぱなし。
私たちのまったく知らない10代言葉がたくさんのため、途中、会話を止めて、
「それってどういう意味?」と何度も何度も。
だれが新しい言葉を生み出すのか。彼女曰く、
「どこからともなく入ってくるの。他校でも塾でも不思議と同時期に使ってるんだよね」。
テレビなのか雑誌なのか。
最近はオシャレのことを「おされ」と表現すること、私でも知っていた。
彼女は「もう“おされ”は古い。いまは“オシャンティ”だよ」って(笑)
言葉は時代とともに進化(変化?)していくものなのです。あ”〜


私たちがフランスに行く前には「スイーツ」という言葉、
それほど多く使われていなかったように思う。
けれど、帰国後には、甘いもの、デザートの総称となりすっかり定着し、
雑誌にはスイーツという言葉が席巻していた。


彼女が帰った後、ふたりともぐったり。
若いエネルギーを吸収するのではなく、逆に吸い取られてしまったような(笑)
一方で彼女は叔父叔母の枯れかけたエネルギーを取り込む時に浄化して
さらにパワーアップしたような。
大満足の「本」になりそうな予感のスケッチブックを大喜びでリュックに入れ、
昨晩、「ゲツクが始まる前に」と言って、赤い自転車をこいで帰っていった。

f0120569_9363811.jpg
        14歳の明るい吐息、色づかい。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-16 10:12 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(4)

きょう(も)、ひとり、カフェで。

フランスへ送る誕生日プレゼントを求めて、二子玉川へ。

お昼頃、いつも混み混みのLisetteをのぞいてみると、
ぽつり、ぽつりくらいの人しかいない。
なんてめずらしいの、こんな土曜日。

たくさん席は空いていたけれど、
ひとりのときはどこのカフェでも決まって選ぶのは壁前席。


▽土の林檎のゴーフル。
メニューを見ながら、土の林檎って?
鈍い頭で考えると、ようやく、pomme de terre (じゃがいも)のことだと、気づく。
「土の林檎」よりも「大地の林檎」の方が、
より美味しい想像がふくらむのではないかなと勝手に思ったり。
フランス語でじゃがいもは、 pomme de terre。 pommeは林檎、 terreは土とか大地などの意。
f0120569_2118879.jpg

大量のレタスを掘り起こすと、眩しいオレンジ色の大好きなキャロットラペと
茶色のレンズ豆がお目見え。
そして、その下、真打ち登場!レース模様のガレットがニッコリと顔を出す。
日に焼けてこんがりカリッカリッ。
なかなか美味しい一皿。


▽デザートは、ポレンタがプチプチいい食感のケーキ。
ヨーグルトの酸味が夏っぽい、さっぱりクリームといっしょに。
f0120569_21152199.jpg


買ったばかりの単行本を開きながら、気ままなひとりカフェじかん。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-14 21:51 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(2)

とうきょう*おこもり。

メイのアンと外でお昼を一緒に。
彼女、待ち合わせ場所の本屋にヨロヨロと登場。いつものことながら遅刻。
彼女、きょうも70年代ファッション。
花の女子高生なのに、ファッションにはまるで興味がなく、無頓着。
「こんな女子高生もいるのね。」と、たびたび彼と笑う。
そんな彼女の取り柄は長年続けていたバレエ効果なのか、
足のカタチがキレイで、そして長いこと。
時代遅れのダサダサファッションも、長くまっすぐな足だからごまかしがきく・・ように思う。
彼女は高校3年生、受験生。
上の大学にはあがらず、外の大学をめざしている。
ジィジが出たところ第一希望、パパの出たところが第二希望とのこと。
彼女が小さい頃から、私たちは、
「これからの時代は早いうちから手に職、テニショク、テニショク・・・・」と、
呪文のように彼女の耳元で唱えてきたけれど、呪文の効力なし?のようで、
めざすところは、W大の文学部。
中学生の頃から演劇部の脚本や同人誌に小説らしきものを書いていたりしていて、
表現する道へ進みたいのかもしれない。うまくいくとテニショクだけれど・・・。
うまくいけば。
大人には言えない夢を追っているのかもしれない。
会話の中でそんなことを察したりした。
f0120569_828316.jpg


彼女の妹、姪のドゥは、中学3年生。
昨年の夏、ジィジとアンと三人で行った3週間の英国旅行で、
英語に思いっきり目覚め、英語の授業に重きをおく高校に進学したいのだとか。
彼女は、姉と反対にファッション大好き少女。小さじ1杯分ほどのヤンキー入り(笑)
「ひばりちゃん、マルキュー(109)行かない?」「ラフォーレ、行こうよ」と、
お誘いのメールが来る。彼女とのショッピングは労力・財力がいるので、
断る回数が多くなっている。
この夏はファッションより、勉強に専念。って彼女は言うけれど、
義姉は、「テレビ見て、ガハガハ笑ってるようじゃね、ふ〜っ・・とっても心配」。
私も心配。

受験生二人、夏やすみ後半戦、塾にお籠り。
f0120569_837927.jpg


私の8月これからの1週間は、家にお籠り。
DVDを見て、本の中で旅をして、小林秀雄の作品集をじっくり読んで、
そして少し仕事も、語学の勉強なども。

お墓参りに、涼みに、北海道へ帰る予定もあったけれど、
たくさんの仕事を抱えたオオイソガシビトのために、
せっせとごはんをつくらなくては!
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-12 09:37 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(0)

美味しい三重奏~♬歩粉

恵比寿ついでに、寄りカフェ。

歩粉(ほこ)は、言わずと知れた焼き菓子の名店、人気カフェ。
渋谷区恵比寿1-35-5

ドアを開ける前から、お店の前あたりから、
粉もの、バター、お砂糖のいいかおりがふわ〜っと流れて。
お皿が運ばれてきたときには、感嘆詞がぽんと口から飛び出た。
暑さも疲れもすべて吹き飛んで。

お菓子が映えるお皿の上には、
シソとクリームチーズがとってもよく合ったシソのチーズケーキ、
あずきと杏が添えられた豆乳のわらび餅、
“粉”の味がじわじわと感じられる逸品、スコーンが。
スコーンはハチミツと生クリーム、ジャムで。
でもはじめの一口、二口は、何も足さずにそのままで。
f0120569_902711.jpg

まずはゆっくり噛みしめながらスコーンをいただき、
お次はあっちを食べたり、こっちを食べてみたり。
滋味のある酸味と甘みなどを楽しんだ。
デザートSセット(一皿、飲み物)¥1570
この他に二皿のもっと豪華なフルセットも。
何かいいことあった日は、奮発して二皿のフルセットにしょう!!と決めた。



あとで知ったこと。
ちらりと見た鏡リュウジさんの占い(7月の占い?)で、
蠍座は考え事をするのに、読書をするのに、
ひとりカフェがいいと書いてあった。7月はひとりカフェがものすごく多かった。
で、カフェでのラッキーフードはガトーショコラ。
ガトーショコラ・・・・食べなかったけれど、
振り返ると、考えごと諸々・・抜群にはかどったような気がしている。
どうでしょうか。。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-09 09:38 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(4)

手にとる、旅だより。

フランスに住む友人が、アイルランド旅行したときに撮った風景を
画像ではなく、触れることのできる「写真」にして送ってくれた。
こうして手にとって見られる「写真」、
“画像”とはひと味違うよさがあるように思う。

エアメールの封筒の中には、写真のほかに、
こころまで明るく照らすようなレモン色のカード、
そしていまの彼女の心模様を豊かな表現で綴った詩が添えられていた。


彼女からすすめられ数年前のアイルランド映画を見た。
ドキュメンタリー仕立てのような、しみじみとした小さな愛の物語。
深く静かな余韻が残る素晴らしい名作!
さっそくこんなにいい映画を教えてくれたお礼と、感想を書いて友人に送ろう。
once ダブリン街角


f0120569_8291264.jpg

未知の国、ヨーロッパの西の果て、アイルランド。

写真の裏には、撮影場所などを書いてくれている。

PENのARTモードでの撮影を試みた。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-08 09:30 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(2)

滞在日記より~ワイン祭りと中世と。

*日記帖より書きおこし* ※8.6 photo追加

Le 5 ,dimanche , lever du soleil 6:30 coucher du soleil 20:57   
9h 出発、○さんご夫婦の車でChâteauneuf -du -Papeへ。
Aixから高速で約1時間。途中、R7、通称“太陽の道”。
今日は、Châteauneuf -du -PapeのFête de la véraison。中世とワインのお祭り。
Véraisonは辞書に出ていない。
聞いてみると、葡萄に色がつきはじめた。ということらしい(?)

ワイングラスを3.5ユーロで買えば、村のお店どこででもワインの試飲ができるというシステム。
合計10店以上まわる。ひとくち口にふくみ、みな口から入れ物に出す(吐く)。
飲まなくてもいいって言うから、私も挑戦。飲み残しは地面に流してもいいって言うから。
飲めない私もこの日ばかりは飲めるようで、すごくうれしかった。気分最高。
ワインのこと、適当にわかったふりしちゃって。適当にうなずいたり。
最後の暗いcaveで飲んだシャンパンだけ、ゴクリと2口〜3口本当に飲む。飲んじゃった。
大丈夫だった。捨ててしまうのがもったいないと思えた味。
暗いcaveの中、黄金色がシュワッとはじける様子、美しかった。
中世の衣装を着た人たちと馬がねり歩くのを見学。屋台たくさん、すごい数の人。

f0120569_8413411.jpgf0120569_8383932.jpg




                                           
お昼は、丘の上の城跡の木陰でサンドイッチとチーズとミネラルウォーター。
みんなはワイン。
○さん、さすが!フランス人、チーズナイフを持参!
景色を見ながら、乾いた風を感じながら頬張るサンドイッチの味はまた格別。
f0120569_8301931.jpg
          目をこらしてみるとパッチワーク風のハデな衣装の中世人。

午後、真っ白なシャツ姿が眩しいMichelさんに偶然会って、5人で引き続きcave巡り。

f0120569_843544.jpgf0120569_8425512.jpg
f0120569_992389.jpg


夕方、ここを出て、車で30分くらいのところの○さんのお兄さんの別荘へ。
ここもお祭りみたい、たくさんの人。相関図が必要なくらい。
居合わせた○さんのパパとママ、最高!おだやかでやさしい。
生き様が顔に出るって言うけれど、まさにこういうこと。パパとママに出会えたこと、感謝。
80歳を過ぎているパパは今でもバゲットを切る前に、十字を切る。驚いた。
プールでみんな泳ぐ。私たちは足をちゃぷちゃぷ。
プール、蝉の鳴き声、午後のやわらかな光、赤茶色の屋根、これも南仏夏景色。

帰り、21h前、まだ明るい。「夕焼け小焼けを見にいこう!」と、
帰り道、小さな村の小高い見晴らし台のようなところで、
大きな太陽が沈むのをじっと見る。
3~4分もしないうちに、沈んでいく。あっという間。
あっ写真撮っていない。カメラを向けることを忘れて、見とれてた。
f0120569_849359.jpg
             この村で出会った黒猫ジュリエット

夕焼けの帰り、○さんご夫婦の家に寄り、dînerをごちそうになる。
「なんにもないのよ。ありあわせでごねんね」。って言われたけれど、
ものすごくごちそう。
フルーツサラダ、トマトとタマゴのサラダ、インゲン、
ソーセージをタマネギのコンフィチュールで、
パンに最後はたくさんのチーズ。美味しかった。楽しかった。
今日も素敵な1日をありがとう。
0:00頃、歩いて帰宅。
朝は、Atsukoさんがヴァカンスでお友達とaixに!!!gare routièreにお迎え。

今日のおさいふ:二人分
*ワイングラス  7ユーロ
*コーヒー       9.5ユーロ
*サンドイッチ   8ユーロ
*châtaigneのハチミツ  3ユーロ

      
遡ること4年。
2007年の今日、フランス時間8月5日を、日記帳からテキストに書き起こしてみた。
自分の体験だけれど、だれかの追体験のような感じがする。
小学生の日記みたい(恥)名前だけふせて原文ママで

ところで、本文内容とは関係ないけれど、
作家の日記は、人に見せるための、見られてもいい、それ用の日記だったのかな。
いま、そんなことをふと。。

[PR]
by aix-en-provence | 2011-08-05 09:24 | フランス追想 | Trackback | Comments(2)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

francanaさん、お..
by aix-en-provence at 12:38
おひさしぶりです!ついに..
by francana at 04:31
お久しぶりです!!ドレス..
by aix-en-provence at 18:56
素敵なドレスですね。 ..
by hisae-18 at 12:16
鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル