「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

古民家カフェ「古桂詩」で光と陰を愛でる。

古民家をあまり飾りたてずに、
センスよく素敵にリノベーションした喫茶店がある。
ガラガラ戸を開けて入ると
時を経過したぬくもり感じるものたちが目に入ってくる。
テーブルも椅子も、家具などの調度品も、何もかもばらばらだけど同じトーン。
私が知っている懐かしい時代のもの。
壁も階段も、私が過ごしてきた時代のものと変わらない。

階段をあがり禁煙席の2階へ。
f0120569_926421.jpg
「日本の昔の家はこんなふうに暗かったんだよね。」と、
夫が言うように、室内は暗い。
暗いから窓から入ってくる光が一層際立つ。


初夏の光が差し込む奥の部屋はレトロ色。
f0120569_939680.jpg
ありきたりな表現だけれど、時が止まっているよう。
チクタクチクタクと打ち、ボ~ンボ~ンボ~ンと響き渡る、
階段上の古時計だけが
現在のしるし。

1階はキッチンとカウンターとテーブル席、
2階は2間続きの8畳くらいの部屋。
窓に向かったテーブル3席、押し入れを改造したところに小さな丸いテーブル、
ミシン足のテーブル、“机”テーブルが2つ、3つ。
私たちだけだったからか、本当に静か。
(店名になっている“こけし”ちゃんたちはたくさんいるけれど)
階下のコーヒー豆をひく音、食器が重なる音、
レコードのような音のスペイン民謡もここちいい。

青が美しいウェジウッドのSAMURIというシリーズのお皿もきれい。
珈琲も美味しい。杏のタルトも美味しい。居心地満点。
f0120569_9375920.jpg

きっとこの家は、雨の日、雪の日、晴れの日、寒い日、暑い日、風の日、
午前、午後、夕方、夜、春、夏、秋、冬、異なる時間、
それぞれ違う表情をみせてくれるんだろうな。

場所は小田急線千歳船橋駅徒歩約2分。

f0120569_9514672.jpg  *  *  *  * 
昔々の小さな友だちに、千歳船橋に住むこけしのようなおかっぱ頭をした、
かわいい女の子がいた。当時4、5歳。
もしかして、その子がカフェを ? と、「古桂詩」という名から思った。
こけしに似ているし、その子の名前に
「桂」という一文字が入っていたこともあって。再会をちょっぴり期待してお店に入った。
違った。
再会はできなかったけれど、
いいもの見つけた!
いいとこ見つけた!
という感じ♪

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-28 10:05 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

ベランダ菜園1号〜リーフレタス収穫。

苗を買い、しばらく経って、
このリーフレタスが似合いそうなまるい鉢に植え替え、
寒い日は室内の窓辺で、
お天気の日は、お日様のもとで。
f0120569_1075290.jpg

虫がついていないか、おもて、うら、1枚、1枚、小さな葉を点検し、
愛情込めて育てたリーフレタス。
期待に応えてくれて、伸びて、大きくなってくれたので、収穫した。
“収穫”というほどでもないけれど!
f0120569_9572473.jpg

葉、色、ともに、たよりなくチカラ強さはないけれど、
ちゃんと葉っぱの、レタス的な味があって
ちゃんと美味しかった。


残りは鉢の中ですくすく成長中。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-27 10:11 | とうきょう植物の記 | Trackback | Comments(0)

フランス産イワシと明太子vsイワシとバゲット。

普段は素通りするサミットの鮮魚コーナーをちらっと見ると、
「フランス産イワシ」」と書かれた小さなポップが目に飛び込んできた。
そのイワシを見るとフツーのイワシではなく、
お腹のあたりがふくれて赤いものがサンドされている、ハテナな、イワシ。

「イワシ明太子」という名前がついていた。
フランス産イワシのお腹の中に明太子!?
フランス・イワシと博多・明太子のマリアージュ!?
(※アメリカ産・すけとうだらの明太子でした)
「イワシ明太子」なるものは一般的に出回っている加工品なのか、
検索してみると、フツーに存在しているようです。

f0120569_10254426.jpgこのイワシ、フランスは地中海を泳いでいたイワシなのかな。
あの紺碧の地中海に思いを馳せながら、そして、
マルセイユの近くの海辺の町の「イワシ祭り」を思い出しながら、
フランス産のイワシのお腹の中に明太子が詰め込まれたイワシ明太子を食べてみた。

なんだか奇妙な組み合わせ。
ん!でもなかなかいける。
特にフランス産のイワシがね。





       *   *   *   *   *   *

フランスではどんな料理にもバゲットはつきもの。
ただ・・・・イワシとバゲットは・・・ネ。
おにぎりを持ってくればよかったと思った、
フランス・マルセイユ近くでのイワシ祭りにて。
f0120569_10354311.jpg
イワシ祭りを思い切り楽しんだ深夜、夫に異変が。
5人で行ってたったひとりだけイワシに当たってしまいました。
海からあがってきたばかりのとびっきり新鮮イワシだったのに。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-25 10:51 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

ZARA HOMEの一目惚れエプロン。

ZARAは都内に何店舗もあるのに、なぜか存在しないZARA HOME。
フランスに居るとき、度々、行っていた好きなお店。
リーズナブルでオシャレな雑貨屋さん。

くすんだスパニッシュカラーのエプロン、SOLDEで確か、13〜14ユーロ。
かわいい生地が並んだパッチワークふう。
f0120569_114974.jpg

   裾のジグザグもリボンもかわいくて、料理が楽しくなるエプロン。
f0120569_1152253.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-23 11:11 | フランス追想 | Trackback | Comments(0)

フランスの薫り、バゲット マリアージュ。

思い立って久しぶりに散歩がてら、
駒沢公園を横切りマリアージュドゥファリーヌへ。
「バゲットマリアージュ」(¥350)は、フランス産の小麦粉、
コントレックス(水)、ゲラン(塩)のフランス仕込み、
フランスが味わえるバゲット。
まるい小さなパンは、切った時に、
チーズをいちじくが包み込んでいる画にちょっぴり感動。
洋酒漬けのドライフルーツがたくさん入って、味わい豊かなひとしな。
f0120569_9401178.jpg

そして、ちょっと傾いたところがかわいい茶色のケーキ(¥250)は、
生チョコのガトーショコラといった高級感のある味わい。
砕いたナッツ入りのチョコレートがコーティングしてあるので、
パリッとした食感もまたもの凄く旨し。
クロワッサンにバタークリームっぽいチョコクリームと板チョコが入った、
“触角”のようなクロワッサンショコラも購入。
f0120569_9411610.jpg

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-21 10:10 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

フランス人少年が東京で買ったもの。

知人の50代フランス人夫婦が孫ひとりを連れて来日中。
孫、ナタン、7歳、120cm、東京で買ったものとは ?

変装グッズのドラキュラの歯

「フランスにも売ってるけど、ママやパパは買ってはくれないからね!」と、
おじいちゃんにおねだり。自分でレジに行き、お金を払う。
店員さんがおつりを渡そうとすると、
「non,nonおつりはいりませんからね」。
「あなたにあげる」と言いながら、ジェスチャーで必死に店員さんに伝える。
店員さんはびっくり!そんなことできませ~ん!
ここは東京、ここは渋谷、ここは東急ハンズですから。
近所のやおや、肉屋さんじゃないので。
で、おじいちゃん登場、おつりを受け取り、店員さん、ほっと一安心。
さて、ナタン、買ってすぐに袋から取り出し、
パッケージを開け、向こうの方へ走っていき、隠れてこそこそ。
ドラキュラに変身!(本人、なりきる)
大喜びで東急ハンズのフロアを駆け回るフランス人少年ナタン、7歳、120cm。
恐るべしフランス人少年。でもとってもかわい~~。

大喜びのもの、もうひとつ、カードゲームマシン。
キディランドのB1Fのゲームは1回100円、10分以上できる、
中年の私にはチンプンカンプンのゲームがある。
日本語、まったくわからないのに、ナタン、ゲームはお手の物。
ゲーム機の操作に慣れているのね。

夜は回転寿司。ぺろりと10皿くらいお寿司を食べた帰り、歩きながら
ドラキュラに変身してセンター街を歩こうとしたナタン。
「歯がない!歯がな~い!ドラキュラの歯がな~い!」
回転寿司店に戻り、ナタンは自分が座っていた席へ。
店員さんに「ドラキュラの歯、ありませんでした?」と私。
「は?ドラキュラの歯~?」店員さん、びっくり。
お店にいた数組のフランス人のお客さん、大笑い。
みんなで探してくれるが、ない、ない、ない、ない。
ナタン、がっかり、がっくり。
お店の人は見つかったら私の携帯に電話をくれることになっているが
電話はかかってこない。

東京では秋葉原、ジブリ美術館、動物園を満喫し、京都、奈良へと移動。
間もなく、ナタン少年はフランスに、マルセイユに帰って行く。

f0120569_116642.jpg
画像は孫、ナタン、7歳、120cmではなく、ウロヴァンス地方の素敵な町、
サン・レミ・ド・プロヴァンスで出会った少年。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-17 11:11 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

“ミラベル”のような小さなケーキ屋さん。

小さくまるい見た目。
なんともかわいらしい名前。
甘酸っぱくて美味しい。
色は黄色。
くだもの。
連想ゲームのようですが・・・・・・
名前はミラベル。辞書でひくとスモモの一種とある。
フランスではじめて見て、食べてすっかり魅了された。
夏から秋にかけて、マルシェで大量に買って、皮ごとそのまま口に入れていた。
ジャムやタルトも美味しかった。

日本には存在しないと思われるミラベル。
でも、この名前のついたケーキ屋さんがある。
お店がミラベルのように、ちっちゃく、かわいらしい。
何度も何度もマルシェでミラベルを買ったように、
何度も「ミラベル」に通い、いろいろな種類のケーキをいただいている。
どれもフランスの味がするケーキです。

f0120569_160927.jpg
f0120569_1601995.jpg
f0120569_1603168.jpg


小田急線の経堂駅から農大方向に歩いて10分くらい。
住宅街の中の本当に小さなケーキ屋さん。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-15 16:11 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

子どもフランス人が好きな日本のお菓子。


日曜日、フランス人一家とピクニック。
場所は、桜にチューリップ、ムスカリなどの花々が百花繚乱、昭和記念公園。
サクラ舞い踊る木の下でお弁当を食べた後、お土産のおやつをビニールシートに広げた。

f0120569_910226.jpg前日、子どもたちが喜ぶ顔を思い描きながら選んだお菓子は、おっとっと、チョコボール、パンダの顔のチョコビスケ、ペコちゃんのペンシルチョコ、そして男の子用のカードが入ったウエハースチョコ。
このなかで圧倒的、ダントツ、一番人気だったのが、森永のチョコボール。
見るなり、「クエックエックエ、チョコボ~~~ルゥゥゥゥ♪」と4人で大合唱。CF効果絶大、ロングセラー商品。日本語がほとんど話せないパパまでも歌っていた。

不人気だったのは、おっとっと。
なぜ?なぜ?なぜ?なぜなのか
理由はわからない。ひとつ、ふたつカリッポリッと口にした後は・・・放置。
メイたちは大好きだったのだけど。


f0120569_9325053.jpg











子どもが撮った1枚。
みんなカメラが大好き“迷”フォトグラファー!


フランス暮らしのときは、屋外でご飯を食べることを「ピクニック」と呼び、
ひんぱんに、ピクニックしていた。
すぐ近くの公園で、ちょっと遠出して、セザンヌのサントビクトワールを眺めながら、ある時は海の近くで、丘の上で、バゲットのサンドイッチやおにぎりを頬ばった。
フランス人の友達はワインにチーズ、数本のバゲットにタプナードなど、
映画のワンシーンさながら、かっこいいなぁなんて思ったりした。
そういえば、帰国する前に友達が計画してくれたお別れ会もピクニック。
冬晴れの青い空の下、すぐそばでピカソが見ていた・・・・のよね。
コロンビア人、台湾人とのピクニックはシーンと静まりかえった森の中で、
ちょっと怖かった。それも雨上がり。マイナスイオンたっぷりだっただけど。
どれもこれも思い出深いフランスピクニック。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-13 10:00 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

ラブリーなハートのタネ。

            恋が成就しそうな、
            幸せを呼びそうな、
           ラブリーなハートのタネ。
f0120569_13112438.jpg

   厳密にはまぁるいカタチにハートのおへそがポコンとあるタネ。
             ちゃんと育ったら、
           なんか、いいことありそう♪

このタネ、Au bon vieux tepms のプラリネが入っていた缶の中から出てきた。
7~8年くらい前に穫ったタネ。
あまりにも古いため、発芽するか心配だけれど、
先日、タネをいくつかまいてみた。
f0120569_1354080.jpg
     ハートのタネがやがて黄緑色の風船に変わりますように。
            『フウセンカズラ』。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-07 13:18 | とうきょう植物の記 | Trackback | Comments(0)

フランスで知り合った台湾友人と世田谷・肉まん。

あるとき、歩いていて、白い湯気がふんわりと通りに浮かんでいるのを見て、
並んで買って食べて以来、すっかりファンになった。
世田谷区世田谷にある「鹿港(ルーガン」。
肉まん、あんまん、まん頭、黒糖まん頭を売るお店。
物語のあるお店のようで、1枚のチラシによると、
店主が台湾のあるお店の肉まんに魅せられ、足繁く通い、
ようやく修行の許しを得、数年後“門外不出の味”を初めて日本に伝えたそうです。


台湾には仕事で行ったことがあり、なんでも美味しくて安くて、
驚いたのを覚えている。肉まんを食べたかどうかは忘れてしまいましたが。
はじめて食べた鳩(メロンスープの中に鳩のミンチ)、カエルの足の唐揚げ、
お茶、カシュカシュとした歯触りの赤い果物の記憶が強過ぎて。

f0120569_9535624.jpg

店頭では蒸したてのホカホカのほか、
1週間くらい保存できる常温のものも購入可能。値段も驚きです!
肉まん 140円 あんまん 120円 まん頭(甘い蒸しパン) 70円 黒糖まん頭 80円

台湾/肉まんといえば、彼女を思い出す。
仲良しの台湾人の友達の部屋で。フランスにて。
青と白がとってもきれい。

彼女はいま、フランス・アンジェにいる。
美しい街の中を相変わらずの大股でガシガシ歩いているんだろうなぁ。
顔は美人なのにねぇ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by aix-en-provence | 2010-04-02 10:19 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56
まぁるく。
at 2016-01-08 11:58
ご え ん を あ り が..
at 2015-12-22 16:32
あまくない、スイーツ。
at 2015-11-30 16:57
と く べ つ な た び 。
at 2015-11-20 10:49

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(40)
(40)
(37)
(21)
(7)

最新のコメント

鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55
ボーヌに行ったのですね。..
by grandeN at 16:54
hisaeさん、恐れ入り..
by aix-en-provence at 21:07
サラダのドレッシングは、..
by hisae-18 at 13:57
francanaさん、昔..
by aix-en-provence at 19:49

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル