<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ケーキ屋さんの絶品ジャム。

世田谷通り沿いにある、「フラウラ」さんに、
「パリの空の下」の帰り道、寄ってみた。
キラキラした眩しいケーキが並んだショーケース。
その隅っこに置かれた白いカップ。
中身は、ツヤツヤ*ツヤヤカ*イチゴジャム ♪
f0120569_947395.jpg

ケーキ屋さんやパン屋さんのジャムというと、
瓶詰めでお値段が1000円以上。
食べきりサイズの白いカップのジャム、
これはちょっとしたアイデア(!?)。
イチゴとラズベリーの中にナッツがたくさん入って、
つけるジャムというより、食べるジャム。
さすがプロが作るジャム!
イチゴとラズベリーがぎゅっと凝縮されて美味し~い。
ジャムに感激したのは、
フェルベールさんのジャムを初めて食べた時以来。
食べきりサイズと言っても甘いので、4~5回に分けて食べた。
お店の人によると「1週間もちます。」とのこと。
252円也。
上の画像のプリンは、トロトロタイプではなく、
しっかりとした口当たりタイプ。
バニラビーンズが効いていいお味。
陶器に入ったプリンもいいなぁ。
f0120569_9475831.jpg

↑ 1日経った「パリの空の下」のバゲットと。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-27 10:00 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

迷える、ムスカリ。

はじめてのムスカリ、水栽培。
11月のはじめに、栽培をはじめた。
成長がへん!? 
勢いよくぐんぐんぐんぐん上へ上と伸びていくばかり。
大きく育つのはうれしいけれど・・・・。
ちょっと違う成長の仕方。

ニコタマのガーデンアイランドで見た張り紙のとおりに
栽培しているはずなんだけど。
光がありすぎたのが、暖か過ぎたのか。
きっとムスカリたちも、迷っているにちがいない。
なんらかの処置をしなければ、花は咲いてくれないかも。
f0120569_930392.jpg

ムスカリは、私にとって、ちょっとかゆくなる名前。
福島県の長いなが~い住所に嫁いだ友達は、
「ヴィダルサスーン」という商品名に弱く、
笑いが止まらなくなる、おかしな人。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-25 09:49 | とうきょう植物の記 | Trackback | Comments(0)

南仏暮らしで、増えたもの。

南仏暮らしで、増えたもの。
・・・・・トシ。
・・・・・シミ。(しりとり遊びみたいですが)

年齢はしょうがない。
シミはというと、外側から内側から
気をつけてケアしていたけれど、ダメだった。
たくさん増えてしまった。南仏の強い光に負けた。
以前は、シミが消えるように、クリームをぬっていたけれど、
最近思う。一度できてしまったシミは、
クリームでなんて薄くなるはずがない。
なので、“シミを消す”クリーム類にお金をかけるのをやめた09秋。
これ以上、増やさない方法にチェンジ。
…ということで、はじめの一歩。
「ハダヂカラ」をつけること。
…ということで、SK-II。
高価なものなので、まずは体験キットからスタート。
f0120569_10372815.jpg


ハリツヤ肌へ導く美容乳液に、
メリハリ顔をつくる3Dマスク、
乾燥肌に効く化粧水。

ん〜…もったいなくて使えない、憧れのSK-II。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-23 10:46 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(0)

3度目の「パリの空の下」。

図書館の帰り、足は、小雨の中、“パリの空の下”へ向く。
ちょうどお昼前、歩きながら買うものは決めた。

バゲットのサンドイッチ。
フランスのサンドイッチと言えば、このタイプ。
よく食べたなぁ。おにぎりの感覚で。
好きだった中身は、ヤギのチーズと生ハム、サーモン etc....
3.5ユーロ~5ユーロくらいだったから、日本円で500円以上。
結構高かった。
だからバゲットを買い、トマトやソーセージ、ピクルスやゆで卵、
オリーブなどを用意して、自分で作ることも多かった。

f0120569_9393469.jpg

この日、「パリの空の下」で買ったのは、
ニンジンとポテトのフランス風サラダ
+オリーブオイル漬けドライトマトが入った、
具だくさんのサンドイッチと
手作りハムとピクルス、バターのサンドイッチ。
フランスに比べて小さめでうれしいサイズ&お手頃価格。
手間がかかってるのに、200円とちょっと。
久々で「懐かしいね、こういうサンドイッチ」と言いながら
二人で食べた。具もパンもとっても美味しくお腹大満足。
(サンドイッチをそれぞれ半分ずつとカレーヌードル大盛りを半分ずつのランチ)

ただ、歯と顎が疲れちゃった。。。。
たまに食べるといい運動になるかも、歯と顎の。

*前々回、食べたものは11月10日のところで。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-19 09:57 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

モンゴルちゃん。

内モンゴルからやってきたモンゴルちゃんは、
数年前に父がアジア放浪中に出会った子。

今春、内モンゴルから東京にやってきた。
只今、S女子大に在学中。
当初から日本語が上手で、フツーに会話ができるし、
今ではメールもニホンジン。
そんなモンゴルちゃんに久しぶりに会った。
日本人の友達がたくさんできて、コンビニでのバイトも楽しそう。
「日本人はみな親切です。やさしいですよ」と、にっこり。
そんなモンゴルちゃん、ひとつの大きな悩みがある。
今住んでいる「家」のこと。
外国人ばかり7~8人が暮らす一軒家の二人部屋に居る。
7~8人が同じ屋根の下…ということは、人間関係が複雑!?
推測できる。
大家さんはいろいろな事情を考慮し、毎月の家賃は光熱費等込みの激安家賃。

私もフランス暮らしのときは、
我が家も周りの友達も家の問題を抱えている人が
ものすごく多かった。
ホームステイの人もアパートで一人暮らしの人も、
寮の人も家のことで何かしら問題を抱えていたような気がする。
小さな悩みから大きな悩みまで。
そんな中でただ一人、
大手企業を定年退職してフランスにやってきた、
“60歳の学生”クリクリは、
素晴らしきアパルトマンに暮らしていたゆえ、
まさに“パラダイス”で、申し分ないと言っていた。
サロン、寝室、独立のキッチン、アンティーク家具、窓からは教会の鐘楼を望む。
暖炉とバスタブはないけれど、
私が憧れていたフランスのアパルトマン、フランスの部屋。
妻を日本に残し、若い子のたまり場と化したアパルトマンの一室で
悠々自適に暮らしていた。

モンゴルちゃんは、
来春、大学院に入るまで我慢すると言っていた。
f0120569_9424193.jpg

はじめて会ったときに、プレゼントしてくれた、
テクマクマヤコン*テクマクマヤコン風のコンパクト。
モンゴルちゃんのパパは羊や牛を遊牧するために、
家族と離れて冬以外はゲルという移動式住居に暮らしている。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-18 09:52 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

ウワサのスドウさん。

巷で話題の「Boulangerie Sudo」(松陰神社前)さん。
「パリの空の下」とほぼ同時期にオープンした世田谷通り至近のパン屋さん。
“パンがないパン屋さん”だとか!?
あるお店でおばさまたちが話していた。
焼き上がるとあっという間に売りきれてしまうそう。

・・・ウワサは本当だった。午後1時過ぎ。
残り1個のスコーン、プチバゲットがいくつか、
ベーコンとマスタードのパンが2カゴ分、
オリーブカクテルのパンが数個。以上。
(クッキーなどの焼き菓子、プリン、ジャムはたくさん有り。)
お金を払っている時に、
焼きたてほやほやのレーズンのパンとバゲットが目の前に。
「美味しそう!」 
でも我慢。次回のお楽しみに。
レーズンのパンを待ち構えていたお客さんもいて、
またたく間に売れていく。
ここのシェフは辻口さんのパン屋さんにいた方だそうです。

f0120569_9295338.jpg

*本日のパン*
プチバゲット ¥70
カクテルオリーブのプチパン ¥150
↑アンチョビとオリーブオイル風味のオリーブの粒が4つも入っている、
 丸くかわいいパン 
メープルのスコーン ¥230
須藤プリン ¥300

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-13 09:52 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

東京の“パリの空の下”でバゲット

ある日の夜、バスから車窓を眺めていると
“パリの空の下”がふぅっと私の横を流れた。
ピアフやジュリエット・グレコの“パリの空の下”♪♪
なに屋さんだろう…と、気になり調べてみると、
オープンほやほやのパン屋さんということ。
店名にひかれ、そしてシェフの経歴のにひかれ、
その夜から心はフランスで食べていた美味しいバゲット、
パリの空の下。
シェフはフランス・パリで腕をふるい活躍していた方。
受賞歴の中には07年パリ バゲットコンクール優秀。も。
そんなパン屋さんに数日後、行ってみた。
ドキドキと胸を高鳴らせながら。

残念。午後2時過ぎだからしょうがない。
バゲットは焼きたてではなく、
時間がたっていたので温かくなかった。
豚のリエットとバターでアペリティフ。
カリッといい音がする皮、小麦の香りもする、ほどよくやわらか。
美味しい、美味しいバゲット¥310 (ハーフ売り有)
歩いて35分の道のりの“パリの空の下”へ、しばらく通いそうです。
f0120569_950060.jpg
f0120569_950137.jpg


世田谷通り、世田谷線付近はパン屋さん激戦区となりそうな状況。
フランス的ブーランジェリーが次々にオープン。
フランスバゲットを巡る旅はまだまだ続きそう。

バゲットを1本買うと、
フランスふうに紙にクルリと巻いてくれるのがうれしかった。
(フランスより紙は大きくて丁寧です。)
日本で巻き紙ははじめて。
巻紙は、バゲットを切った時に出るカスを拾い集めやすくなるので結構便利。

パイ生地で覆ったタイプのちょっぴり不格好な(?)
まぁるいタルトタタン(¥380)もおすすめ。
f0120569_95133.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-10 10:01 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

バゲットを食べる準備はできている。

久しぶりに豚のリエットを作った。
世田谷通り沿いにオープンしたパン屋さんのバゲットを食べるために。

今回は「いちばんやさしいフランス料理」(監修:音羽和紀)を
基本に、ちょっとアレンジしたレシピ。
切った豚肉と玉ねぎをつけ込む(冷蔵庫で2〜3時間)。
豚肉と玉ねぎを炒め、圧力鍋に白ワイン200ccとお水、
プロヴァンスハーブ、セロリ、粒胡椒、コンソメ少々を加え、
煮て、灰汁をとる。
その後、加圧約30分(途中、様子を見ながら)。
フォークの背でお肉をほぐしながらつぶす。
塩(多め)、コショウ。
f0120569_9484787.jpg

あとはエシレを用意して、パンを買いに行くだけ。
ちょっぴりドキドキ。
そのパン屋さんの職人は、パリで多くの賞を受賞し、
なんといってもパリバゲットコンクール優勝経験者なのです。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-06 09:53 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

日本の秋をフランスへ。

エーデルワイスを送ってくれたジャンヌ※へのお返しに、
栞(しおり)を作った。
※当ページ内10月14日で紹介。

赤いモミジか、秋色に染まったキレイな葉は落ちていないかと
下を向いてキョロキョロ歩いてみても、なかなかコレ!というのが見つからない。
それもそのはず、紅葉には少し早い。
でもジャンヌに早く“日本の秋”を届けたい…。

と、思っていた矢先、志賀高原帰りに東京に寄った母に真っ赤な葉をもらった。
なんでしょう、この葉は。
箒みたいなカタチ。色も形もきれい。
これで、ジャンヌに栞をと思いついた。
ジャンヌは栞をよく使うので。
早く会いたいという想いと、この季節の雰囲気が感じられる漢字、
ということで、一日千秋という日本語を添えて、
フランスへ。ジャンヌのもとへ送った。

f0120569_9393669.jpg
←2枚重ねた和紙でラッピング。
f0120569_9395067.jpg



































にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-04 10:02 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

東京農業大学の恵み~ハチミツetc。

日本の未来の食卓を担う(?)東京農業大学。
昨年、学園祭(農大は収穫祭)に、義姉に誘われ、
土日の2日間通った。
1日目、【東京農業大学ミツバチ研究会】なる存在を
義姉に教えてもらい、大行列に並ぶが、
時すでに遅し、買えなかった。
2日目、3時間!!並んだ末、
数種類のハチミツを買うことができた。
国産ハチミツが一般で売られている物の半値以下!!
産地証明書もついているということが人気の理由、多分。
ex.マロニエ5号瓶で¥2,400/レンゲ2.5号瓶で¥1,700
/みかん2.5号で¥1,700
  ※マロニエは秋田県、レンゲは鹿児島県、みかんは静岡県


今年は、すぐ近所に引越して来たこともあり、
朝、早めに行ってみた。お伴は文庫本1冊。
すでに人人、人!3~4列の大行列。
今年もきっかり3時間並んで、手に入れることができた。
ただ、「農大オリジナル」という、
農大の屋上で養蜂しているハチミツは完売で買えずじまい。
これが一番欲しかったのに。。。
引越しして来た頃、窓辺にハチがぶんぶん飛んで来るのを見て、
農大からやってきたハチかも~?と思い親しみを覚えていた。。
のに。残念。
f0120569_1033891.jpg


“農大の恵み”はハチミツだけでなく、
お味噌やベーコン、豚の丸焼き、無農薬野菜、有機野菜などなど。
f0120569_940568.jpg←無料で配れた大根、50円の白菜、学生が作った無農薬のルッコラは150円、有機栽培のネギ100円。
白菜はフランスのchou chinois のように小さくてかわいい。


もちろん、収穫祭といっても学園祭。
活気のあるたくさんの露天も楽しめた。

毎週、マルシェのように市場や露天が立つといいのに。
と、密かに願っている。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-11-02 10:06 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

ジャックとソフィー、レーヴち..
at 2017-09-07 13:41
仰(あお)ぐ。
at 2017-06-26 14:32
ジュール、7歳、ひょろり12..
at 2017-06-21 11:29
Petite France(..
at 2017-05-01 10:44
余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(93)
(46)
(46)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

> riemusik2さ..
by aix-en-provence at 13:58
> akicosmosA..
by aix-en-provence at 13:50
こんにちは。 お父..
by riemusik2 at 10:37
お久しぶりです。お父様の..
by akicosmosA at 06:33
chikaさ〜ん、ありが..
by aix-en-provence at 22:02
ひばりさ~ん、お久しぶり..
by chika1985chika at 17:50
hisaeさ〜ん、エク..
by aix-en-provence at 14:35

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル