<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お皿の上のフランス展。

以前、仕事をご一緒させていただいたフォトグラファーの方から、
イベントの案内をいただきました。
添付されていた、丘陵地帯で牛が草をはらむバスクののどかな風景写真、
ソーシソンの美味しい写真がとっても素敵で、心惹かれ、引き寄せられ、
大雨の中、仕事嵐の中、早起きして、朝イチ、
新宿伊勢丹【フランス展】なるものへ。

土曜日だったけれど、雨のためか、お客さんはまばら。
入口はワイン集団。不幸なことにアルコールはダメなので、スルー。
ただただひたすらソーシソンに向かって、一目散に歩く、探す、歩く、見つける。
100g/¥1,467円!買ってしまった。。100g。「これだけかぁ」と心の声。

次に目指したのは、バター。
ショーケースの中に宝石のごとく、ピモン、有塩、海藻の3種類のバターが並ぶ。
ピラミッド(?)を変形させたようなカタチ。いいな、こんなステキなバター型。
横のブースでムッシュが黙々と試食用のバターを切り、
親指サイズのバゲットにぬっている。いえ、盛っている。
バゲットの大きさの割にてんこもりに近いバター。友達のママ、モニックの食べ方を思い出す。
どれにしようか、試食して迷った結果、ピモンを購入。
125g/1,365円!買ってしまった。。(エシレよりお高い)

そして、最後の締めは、バゲット。
こちらもすごいお値段です。バゲット1本462円!でも長い。

f0120569_1133926.jpgf0120569_1151392.jpgf0120569_1181545.jpgf0120569_11135191.jpg



ということで、
うちに帰って、お皿の上の小さなフランス展を開催。
彼は「ごはんがいい」ということで、私ひとりのフランス展。
ソーシソン、うまく切れなくて、こんなカットでごめんなさい、ピエールさん。

*menu*
・ピエールさんちの熟成期間の短いソーシソン。
 豚の脂身のおいしいこと。じゅわわっと。
・ジャン=イヴさんちのピマンデスペレット入りバター
・天才ブーランジェのバゲット。
・ビッテル。
・イタリアのオリーブ

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-28 11:50 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

篠山紀信の「パリ」~母の本棚から。

人物を撮ることが多い篠山紀信氏が70年代のパリの街の風景を撮った写真集。
題字は画家の中山一政氏。豪華本の装い。昭和52年4月20日発行。

パリと言っても、“華の都パリ”といった華やかな雰囲気はなく、
“パリの裏側”“もうひとつのパリ”といったそんな印象。
早朝の光、午後の飛行機雲、空気がきーんと冷たい冬の朝、
ユトリロの絵のような構図、黒光りした石畳、廃墟の中に彷徨う猫、
夕陽がさす室内、時折、風景の一部として人物が出てくる。
カラーだけど、やわらかな色でモノクロームのような空気が漂う。
19世紀にアジェが撮った巴里と70年代のパリは街も人は変わらないような。
f0120569_11221389.jpg

美大時代に油絵を描き、昔から文学や美術全般をこよなく愛する母の本棚から。
帰省したときに、ちょっと拝借して我が家へ。

こんな素敵な詩が載っていたので一部だけ、ご紹介します。
「恋はパリーの町の色」という詩です。

恋はパリーの町の色

そこはかとない嬉しさの
恋の思いが待つようような
街のかみ手のあのあたり。

抜けるようほど澄み渡る
夕べの空に、高々と
街灯は早ともり、
焔はすでに金いろの、
うす紫にもや包む。

恋びとがそこらあたりに
待つような、

恋はパリーの町の色。
(つづく)

ジュール・ロマン作 
堀口大學訳


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-24 11:37 | 映画・本・学び、アートの記 | Trackback | Comments(0)

うちで北海道物産展。

仕事と格闘していた午前。
玄関のベルが鳴った。彼はアトリエ。ひどいカッコウだけど私が出なければ。
うわわわわっ、カニさんと大漁(大量)のホタテさんが
「は~るばる来たぜ、稚内~♪(函館ではなく)」と、歌いながら(ではなく)。
ゴロゴロ、ザクザク。母からのお裾分け。母の友人→母→私。

「早く食べないと鮮度が落ちちゃう。」と電話口で母。
うれしいんだけど、5分、10分さえも惜しい時に、
どうしてくれよう?カニさんホタテさん。答えてはくれず。
しょうがない!食べるための下準備開始。
ホタテとカニと格闘。
ホタテは殻から出して、バラバラに解体して、ひとまず冷蔵庫へ。
次に、茹でてあったカニをハサミと包丁でバラバラに解体して、
身をほじくり出しながら、つまみながら、残ったのをラップして冷蔵庫へGO!
残りのカニさん3ばいは解体する力がなく、冷凍庫へ。
そして、夜。夜ゴハンの支度開始。

毛ガニの出汁をとって、お味噌汁に。ネギがない。小松菜で代用。
ホタテは、お米とショウガと出汁と白ワイン、お醤油で炊飯器へ。
そんなこんなで、
      本日の* menu *〜我が家で小さな北海道物産展〜
f0120569_12221622.jpg

カニのお味噌汁、ホタテの炊き込みごはんカニ乗せ、
眠りからさめた春キャベツとホタテのバターバルサミコソースかけ、
昨日の残りの切り干し大根。
北海道産:ホタテ、毛ガニ、トラピストバター、ふっくりんこ(米)、
     利尻昆布(出汁)

f0120569_122708.jpg
彼の絵のためのホタテ殻。→
いつかフランス側の巡礼の道を歩いてみたいな〜。と、思うわたし。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-22 12:51 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

友人がフランス語本を出版。

フランスで出会って、帰国後も仲良くさせていだだいているかたが、
少し前にフランス語の本を出版されました。
先日、会った時に献本をちょうだいしました。
サイン入りですよ〜!
f0120569_19553770.jpg

初心者用なので、ちと、簡単!
スラスラ問題が解けるなんて、うれし~じゃない♪自信がつくじゃな~ぁい♪
ABCD…アーベーセーデーさえわからず、チンプンカンプンで
ゼロから渋谷のフランス語教室で習い始めたのは6~7年くらい前。
その時の先生、同じレッスンを受けていた人たち、土曜の朝の渋谷、
プロントのコーヒーの香り、
仕事の合間に一生懸命勉強したあの頃の懐かしい人と時間が、
この本と共によみがえってきました。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-16 20:05 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

ジャムとクリームチーズとクラッカーで。

f0120569_1356032.jpg
オーヴォンビュータンのレシピで作ったイチゴジャムと、クリームチーズ+クラッカーでつくる、ちいさな一口サイズのイチゴチーズケーキ。
電子レンジで20秒♪やわらかくなったクリームチーズとジャムをまぜて、はさむだけ。
クラッカーでなくても甘いクッキーでもいけそうです。
ブルーベリージャムでももちろんOK。
冷やすとより美味しいです。
クリームチーズは Kiri♪





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-10 14:01 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)

フランス人クレールが東京で買ったもの。

サクラ咲く前、3月に約1週間、日本を訪れたクレールが買ったもの。
日本手ぬぐい(自分用にも友達用にもたくさん購入)
お箸、湯のみ、緑茶、BIOの緑茶、東京銘菓のひよ子、ネコのぬいぐるみ、ネコの置物、抹茶味のキットカット、たくさんの本、 たくさんのCD、譜面、ユニクロと MUJIで靴と洋服。お寿司のキーホルダー他。大きなお弁当箱が欲しかったみたいだけど、スーツケースに入らない・・ということで泣く泣くあきらめていた。帰国した後、集合写真(画像)を送ってくれた。
クレール30歳、考古学の研究職、初来日、
坂本龍一の大ファン、馬小屋を改装した家に住んでいる(!)
f0120569_2124044.jpg
f0120569_212466.jpgf0120569_21242898.jpg
画像は、↑妙本寺(世田谷区大蔵)の枝垂桜ライトアップ。
←平日昼下がりの砧公園。
















にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-08 21:35 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

かわいいチョコパッケージ*フランスのイラスト。

森永の板チョコのパッケージに
レイモン・サヴィニャックの作品が採用されている。
「森永製菓が広告として実際に使用したポスターを再現したもの」。
このチョコ、用賀のOKストアで1枚77円也。さすが我らがOKストア。
驚きのプライスです!
一方、08年頃にフランスのスーパーで見つけた、
マリー・ヴーヴェロプロデュースのチョコ。
これは、1枚3ユーロ(当時の円換算で約500円)。
こちらも驚きのプライス!ただ、プリモでお得に2ユーロで購入。
かわいいイラストとキラキラが気に入った。
後ろにメッセージが書けるようになっているので、プレゼントにも最適だった。
中身のチョコはもちろん美味!ほろ苦いダーク味。
f0120569_1224173.jpg

パッケージがかわいいとついつい手が出てしまう。。。
フランスから持ち帰った紙モノはカフェのナプキン、バゲットの包み紙、
肉屋の包み紙などなど、たくさんたくさん。
帰国して1年が過ぎた今、まだ未整理。
とりあえずクローゼットの中に眠らせている。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-02 12:33 | フランス追想 | Trackback | Comments(0)

春のイチゴジャム~オーボンヴュータンのレシピから。

雑誌に出ていたオーボンビュータン・河田氏の「イチゴジャム」レシピ。
圧力鍋で、時間短縮で作ろうと思ったけれど、レシピを読んでいると、
火にかけたイチゴが変化していく様子を見るのが楽しそう♪♪
ということで、圧力鍋さん撤収。

イチゴは洗わないで使う。
グラニュー糖はイチゴの半量を守る。
(※三温糖でもOKと書かれていたので三温糖を利用。ただし灰汁がたくさん)
鍋の中のイチゴの変化を見ながら、火を弱めたり、強めたりする。
始めは小さかった泡が大きくなり、やがてツヤが出てくる。
とろっとして滑らかにのびれば、完成のサイン。
f0120569_11554470.jpg

深夜のリビング、お風呂にまで、あま~い香りが漂う。
イチゴジャムづくりは楽しい。しばらくジャムづくりが続きそう。
ちなみにイチゴ1パックでは用意した大瓶の半量にもなりません。。
3〜4パックは必要。
画像の1瓶は最後にレモン果汁をかけたバージョン。
もう1瓶は河田さんのレシピに忠実バージョン。
バゲットは、ゲランの塩入りジャン・フランソワ。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
by aix-en-provence | 2009-04-01 12:02 | とうきょう食の記 | Trackback | Comments(0)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

仰(あお)ぐ。
at 2017-06-26 14:32
ジュール、7歳、ひょろり12..
at 2017-06-21 11:29
Petite France(..
at 2017-05-01 10:44
余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(92)
(46)
(46)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

> riemusik2さ..
by aix-en-provence at 13:58
> akicosmosA..
by aix-en-provence at 13:50
こんにちは。 お父..
by riemusik2 at 10:37
お久しぶりです。お父様の..
by akicosmosA at 06:33
chikaさ〜ん、ありが..
by aix-en-provence at 22:02
ひばりさ~ん、お久しぶり..
by chika1985chika at 17:50
hisaeさ〜ん、エク..
by aix-en-provence at 14:35

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル