「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ベリーベリーベリーとフルーツサラダ

プロヴァンスはベリー類が豊富。
マルシェ(朝市)ではベリー類の専門店もみかける。
友達のフランス人は「ベリールージュが大好き」と言った。
「ベリールージュ」とは赤い色のベリー類の総称。
なんてステキな名前!

Place des Precheursのマルシェにて。パッチワークのように並べられたベリー類。
下はHotel de Villeのマルシェ。
f0120569_7175142.jpg
f0120569_718236.jpg

小さい時のアメリがすべての指にラズベリーをはめ込み、
口に入れていくのがかわいく、真似してみたい・・と思っていた。年甲斐もなく。
東京尾山台の有名なケーキ屋店「オーボンヴュータン」。
小さな実(スグリ)がチョコレートの舞台の上で赤い輝きを放ち、
ケーキの美しさにうっとりしたものだった。食べるとプチプチ少し痛かった。
このことをふと思い出した。

日本人マダムの家でご馳走になった、ベリーがたっぷりフルーツサラダ。
美肌効果も期待できる最強フルーツサラダ。
f0120569_7191629.jpg【フルーツサラダ*レシピ】
リンゴ、バナナ、イチゴ、フランボワーズ、キーウイを細かく刻む。
あれば洋酒付けのレーズンを加える。そこにレモン汁、黒砂糖、シナモンを適量加える。
ミントの葉、お好みで生クリームを添え出来上がり。フルーツならなんでも可。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-28 07:27 | 買い物天国 | Trackback | Comments(4)

しゃなりドタバタフランスで浴衣でバイト。

フランスで、まさか浴衣を着るとは思ってもみなかった。
知人の友人であるフランス人の結婚披露宴のお手伝いをすることになり、
日本から浴衣を持ってこなかった私は、一式借りることに。
新婦は日本に長く留学していたこともあり、着物や浴衣を持っていた。
日本の感覚だと、お手伝いといえども結婚披露宴に浴衣で出席するのは非常識。
しかし、ここはフランス、南フランス、プロヴァンス!
灼熱の太陽の下では着物よりもカジュアルな浴衣の方がずっと似合う。
着るのも浴衣の方が簡単。フランス人にも喜んでもらえる。
ということで、パーティに浴衣で出席する日本人も多いのだとか。
f0120569_6335733.jpg


〜別荘披露宴〜
エクスアンプロヴァンス郊外の村にある、新郎家族の別荘で行われた。
輝く麦畑、プール、丘陵になった庭、子供用の小さな小さな石造りのおうち、
母屋、そして離れがある、驚くような広大な敷地。
この中に音響セットが入ったステージ、テーブルが並べられたテント、
ビュッフェコーナーに子供の遊び場、クロークなどを設置。
16時頃から三々五々、招待客は集まりだし、まずはアペリティフの時間。
至るところに椅子を置き、談笑。
服装は、ジーンズの人からドレスの人までバラエティー豊か。
さすが個性を重んじる国フランス(?)
ここは南フランス、プロヴァンスのためか(?)。

21時頃、新婦のお父様の挨拶からはじまりお食事がスタート。
そして、あたりが闇に包まれた頃、ロマンチックタイムがはじまった。
プールにろうそくを浮かべ、雰囲気満点。
今にも降ってきそうな星が瞬くゴージャスな夜の空の下、
まずはあま〜いあま〜いチークダンスを踊る。
そして、誰も彼もはじけてダンス、ダンス、ダンス!!
若い人から老人まで、本当によく踊る踊る踊る!!
よく食べ、よくおしゃべりも楽しむ。
0時前に帰宅した人はいなかった。

〜初めてのフランスでのアルバイト〜
フランス人の専門業者のスタッフに混じって、
舞台裏では浴衣の袂を捲りあげる勢いでドタバタ、
300人以上のお客さまの前では、しゃなりしゃなりとした立居振舞...。
一緒に手伝いをした友達三人は皆、フランス語が堪能。
そんな中で、私は、右にならえで大丈夫!とたかを括っていたが
そうはいかず、何かを頼まれると「?」ということもあった。
そんな私にスタッフもお客さまも、親切にしてくれた。
スタッフは忙しくバタバタしている中でも
丁寧にゆっくりとしたフランス語で指示をしてくれた。
すれ違うたびに、「大丈夫?」「何か問題ない?」と声を掛けてくれたり、
スキンシップを大切にする国、うまい具味に事が運んだ時には
ぎゅっと抱き締められたり。。
日本ではあり得ないことだが、ここでは多少のつまみ喰いも、多少のダラダラもご愛嬌。
それをいいことに巨大な長さの業務用バゲットを切りながら、
つまみ喰いの域をこえるくらい食べた。

一抹の不安があった。この披露宴はいったい何時になったら、終わるのだろう。
何時頃、家に帰れるのだろう。このまま朝がくるまで永遠と続くのだろうか、、と。
結局、会場を出たのは深夜2時30分。
この時間もまだパーティは続いていた。
20〜30人は残っていた。
恐るべし、フランス人パワー。

f0120569_637890.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-25 06:57 | 事件です! | Trackback | Comments(5)

招かざる客?

虫ぎらい。
でもエクスのこの小屋に住みはじめてから、少しだけ馴染んできた。
見たことのない虫を部屋で、庭でみかけたりして、
「あ〜これがフランスの虫ね・・なかなか芸術的じゃない(笑)」と、
見る眼が変わり、虫たちとの出会いが日々のほんの少しの楽しみにもなってきた。

庭の黄色い壁にペタッとはりついていた彼等を見たときは
なす術がなく、一瞬、カラダがかたまった。
それまで見ていたのは、小指の先にも満たない小さな小さな昆虫だったから。
何しろサイズが大きいことに驚き、おののいた。
けれど、黄色い壁へのはりつき具合や、カップル揃ってお出ましということ、
加えて、蚊やハエを食べてくれる、頼もしい味方ということを知り、
気を許すようになった私。  彼等の名前はヤモリ君。

f0120569_21224945.jpgf0120569_21231053.jpg
















夫は大の昆虫好き。
幼い頃、『ファーブル昆虫記』を愛読書とし、昆虫博士になりたかったそう。
今度、ファーブル氏の故郷の町を訪ねる予定。
ちなみにファーブル氏は母国フランスではあまり知られていない。

今日は夏至。エクスアンプロヴァンスでは音楽フェスティバルがある。
今夜は寝ずに、夜通し音楽を楽しむ☆
Humidité: 55%
Lever du soleil : 5:57
Coucher du soleil  21:23

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-21 21:35 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(5)

オークルカラーに染められた村ルシヨン。

ルシヨン(Roussillon)は、顔料の採掘場として知られ、
リュベロン地方の魅力的な村々の中でも特異な趣きの村。
黄色、オレンジ、バラ色まで、幅広いオークルカラーに染められ、
村の中は、驚くほど色彩豊か。
とりたてて、有名な建造物はないけれど、さまざまな色と、
大切に守られてきた古い街並みを見ながらそぞろ歩くだけで、楽しい。

f0120569_21121274.jpg
▲6月17日、日曜日。あいにくの曇り空。時々、雲間から光がさし、一瞬、あたりがぱ〜っと明るくなる。快晴よりも表情がある素敵な天候。

f0120569_2130147.jpg
▲田園風景にそそりたつオークルの岩肌。その上に村がちょこんとのっている。こんな景色を見たのは生まれてはじめて。

f0120569_2114789.jpg
▲石畳の坂道を登りながら、時々後ろを振り返り景色を堪能。心地よい風が通り過ぎて。
f0120569_2251799.jpg
▲こぢんまりとした村だが、カフェはたくさん。
f0120569_21181337.jpg
▲道の名前が書かれたプレート。色も壁に合っていて、書体も可愛い。フランスは道に名前があるのがいい。
f0120569_21151633.jpg
▲帰り道の道路。車窓から。ワインの葡萄畑、プラタナスの木々、色づきはじめたラベンダー畑を通り抜けて。観光地だけでなく、こんな景色にもプロヴァンスにいる歓びを感じる。すべてを余すことなく記憶にとどめたいと思う。。。
f0120569_21153840.jpg
▲行く途中、のどかなサクランボ畑の中でピクニック。デザートはサクランボの宝石「佐藤錦」(?)。日本では1粒100円(?)。ここはもぎたて佐藤錦がタダで食べ放題!

【ルシヨンまでの行き方】
公共交通機関は残念ながらありません。
アヴィニョン(バス/約90分)→アプト(タクシー/約12 km)→ルシヨン
*私たちの場合〜東京にいる友達のフィアンセの車で。エクスアンプロヴァンスから約1時間15分。 Merci Oクン&Rちゃん。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-18 23:07 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(4)

エクスアンプロヴァンスの小さなパリ。

20時頃、まだまだ明るい。友だちとの食事の待ち合わせはたいていこの時間。
21時頃、まだ明るい。夏はこの時間から晩ご飯を食べる家が多いと聞く。
21時30分頃、ようやく夜の帳がおり、ちらほらと街灯が灯りはじめる。
22時頃、本当の夜がはじまるじかん。

f0120569_17402014.jpg


友だちのアパルトモンの部屋の通りに面した大きな窓の横に、街灯がある。
オレンジ色の白熱灯。風が吹いたらゆらぎそうな灯。
このやさしい色、ゆらぎそうな光がフランスの夜。だと思っている。

パリで買ったというエッフェル塔の小さな模型をポンと窓辺に置いてみた。
彼女は今月末、エクスから、エッフェル塔のある憧れのパリへと旅立つ。
ちなみにこの部屋の家賃は、500ユーロ(約27平米・家具付き・電気代別)。
大きな窓が2面、大きなバスタブがあるのが魅力。立地もよし。

Lever du soleil :5:56
Coucher du soleil 21:20

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-14 17:44 | 滞在スタイル | Trackback | Comments(3)

皮ごと食す、アンズ。

6月のエクスのマルシェ(市場)は、くだもの天国。
小粒のイチゴにメロンにスイカ、桃にチェリー、そしてアンズ etc。
はじめて買ったアンズは、10個で約2.3ユーロ(約¥358)。
アンズはジャムはもちろん、タルトにしても美味しい。

f0120569_7314795.jpg

今回は、調理いっさいなし、冷蔵庫で冷やしたアンズを
そのままテーブルへ。ナイフもいらない。
手で半分にパカッと割り、タネをとり、皮ごと食す。
コレがフランス流の食べ方。ということを教えてもらった。
f0120569_7354718.jpg

フランス人は、果物の皮をむかずに食べる。
林檎はもちろん、驚くことに、葡萄の皮もむかずにポ~ンと口にほおりこむ。
一物全体食。ということ?面倒くさいがため?わからない。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-12 07:48 | 買い物天国 | Trackback | Comments(10)

キスの風景〜路上キス。

フランスは愛の国。
街中には、カップルの数だけ、さまざまなスタイルの愛が溢れている。
キスの場面も愛のカタチのひとつ。

ドアノーの名作「BAISER DE L'HOTEL DE VILLE」(市庁舎前のキス)のような、
ロマンチックなキスの場面ではないけれど、
いいタイミングで撮れた、初めてのキスシーン。
スーパーマッケット Casinoに行く途中で。
f0120569_19182485.jpg


1位 イタリア
2位 フランス
3位 スペイン
ヨーロッパにおける“愛”が強い国ベスト 3。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-09 19:22 | 街角アート | Trackback | Comments(3)

わたしの部屋〜天窓(滴のメッセージ)。

6月5日、朝8時少し過ぎ。の空と壁模様。
朝の光を受けて、天窓横の壁に映し出されたメッセージ。
「メッセージ・・・・?!」と思いきや、
眼鏡をかけて、眼を凝らしてみると、文字には見えず、読めず、
滴(しずく)模様。。。。。。。。
f0120569_17443822.jpg

昨日は午後、雷が轟き、雨降りだった。
今日は1日、いい天気になりそうな、エクスの朝の空。

Lever du soleil :5h58
Coucher du soleil :21h15

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-05 17:54 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(4)

猫になりたい♪

くーくー・・・・寝息が聞こえてきそうなくらい、
日溜まりの中で、気持ちよさそうに午睡をとる、彼(彼女?)。
場所は Palais de Justice そばのカフェの片隅。
お店の人も、道ゆく人も、やさしい眼差しで、彼(彼女?)を
見ていた。
癒されていた。

写真家Aキーは「ネコの多い町はいい町だ」と言っていた。
エクスはイヌが多いが、ネコも少なくない。

f0120569_6563285.jpg


猫になりたい、君の腕のなか
寂しい夜が終るまでここにいたいよ
猫になりたい、言葉ははかない
消えないようにキズつけてあげるよ

歌詞:草野マサムネ

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-02 07:35 | 仏蘭西犬猫物語 | Trackback | Comments(2)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56
まぁるく。
at 2016-01-08 11:58
ご え ん を あ り が..
at 2015-12-22 16:32
あまくない、スイーツ。
at 2015-11-30 16:57
と く べ つ な た び 。
at 2015-11-20 10:49

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(40)
(40)
(37)
(21)
(7)

最新のコメント

鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55
ボーヌに行ったのですね。..
by grandeN at 16:54
hisaeさん、恐れ入り..
by aix-en-provence at 21:07
サラダのドレッシングは、..
by hisae-18 at 13:57
francanaさん、昔..
by aix-en-provence at 19:49

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル