カテゴリ:とうきょう生活の記( 82 )

蚤の市へ(東京の)。

猛スピードで駆け巡った、「東京蚤の市」。
滞在時間、わずか70分ほど。

持ち帰ったものは、今回もひとつだけ(前回はパリの古地図帳)。
年月が作り出した変色と高台の縁に数カ所欠けをもった、ST-AMANDのコンポティエ。
いまは檸檬ケーキを乗せ、テーブルに飾るように置いて楽しんでいます。
f0120569_2032990.jpg

フランスの有名などこそこの窯のものではないようだけれど、
橙色でお花が描かれたお皿がお手頃価格だったので、
帰りに!と思いながら、思い出しときには、帰りの電車の中。く〜!残念。
f0120569_20311311.jpg

古道具屋に、雑貨店、食べ物屋さん、それから古書店もたくさん。
代々木上原のお気に入りの古書店やネットでお世話になっている古書店も。
いつか「海の古書店」さんも。なんて勝手なことを願ってたりしています☆


*はじめての著書と友人の著書*
おかげさまで拙著が2013.6月に3刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
基本からしっかりフランス語を学びたい方へ。
友人の中田俊介氏の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」がおすすめです。
[PR]
by aix-en-provence | 2013-06-06 20:49 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(9)

彼女の暮らす、シェアハウス。

友人が新生活をスタートさせて間もない家は、
一人あたりの居住スペースが大人が立てないような小さな箱型ではなく、
“起きて半畳寝て一畳”でもなく、シアタールームやフィットネスルーム完備ではない、
おそらく一般的な“シェアハウス”。

過日、外でお昼を食べて、その後、シェアハウスにお邪魔して、
住人の共有スペース、リビングでお茶を。
ガラステーブルを囲んで、ふたりはスケートボードを椅子変わりにして、
もうひとりはあぐら♪彼女お手製のガトーショコラをぱくぱく食べながら、団らん。
住人たちには会っていないけれど、話を聞いて、実際に見て、
人間関係も良好、なにもかも揃っているし、なかなか快適そう。(リビングにソファーはないけれど)
使い勝手のよさそうなキッチン、お風呂も清潔、バスタブはゆったりサイズ、
彼女の部屋は明るい6畳に大きめのクローゼットもついている。
もちろんエアコン完備、他にも共有の大きめの納戸あり。
女性一人だけど安全面も問題なさそう。
過去の住人それぞれが大人としてのルールを持って生活をしていたのでしょう。
住人同士の約束事やオーナーとの大きな決まりもないようです。
これが彼女がこのシェアハウスに決めた理由のひとつなのだとか。
「便利な街だし、住みやすいし、満足。
ただ、このままずっとシェアハウスはね・・」と、彼女。
少し先をすでにしっかり見据えていました。

私と彼女がフランスで出会った頃、
彼女は友人(+ラパン)とアパルトマンを借りて暮らしていました。
ルーフバルコニー付きの広々としたリゾートマンションのようなつくりで、
ベルナーさんちの庭小屋に住んでいた私は、とってもうらやましく思ったものです。
f0120569_20441769.jpg

私もフランスで3ヶ月ほど、ハプニングがきっかけで、
ホームステイというカタチの共同生活をしたことがりました。
大学教授のフランス人と私とパートナー、もうひとり1ヶ月だけ日本人の男子学生の全部で4人。
いろいろなことがありました。起こりました!怒ったこともありました!
けれど、生きたフランス語が学べたこと、
フランス人の生活を間近で見られたこと、
お料理を教えてもらったこと、
コンサートに連れて行ってもらったりしたこと、
友だちを紹介してくれたことなどなど、
大げんかもひっくるめて、
有意義な時間、貴重な体験だったように思えます。
コメディー映画のような展開になったり、
4コマ漫画にしたらおもしろいね!っていう話もたくさん。
いまも思い出し笑いをしてしまいました・・・♪
f0120569_20455235.jpg

画像はフランスのある大学の学生寮の入口付近と中国人のY君のロッカー。
Y君は法律を学びに来ていました。

*はじめての著書と友人の著書*
おかげさまで拙著が2013.6月に3刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
基本からしっかりフランス語を学びたい方へ。
友人の中田俊介氏の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」がおすすめです。
[PR]
by aix-en-provence | 2013-06-03 21:03 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)

今夜、北の国にて。

北の国 の 雪の夜 の カフェ。
f0120569_2150965.jpg

f0120569_21504775.jpg

f0120569_2151185.jpg

しんしんしんしん。
ちらちらちらちらち。
はらはらはらはら。
ゆらゆらゆらゆらゆら。
こんこんこんこん。

久しぶりの白銀の世界。
今夜、北の国にて。


*はじめての著書*
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
友人の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」も、よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2013-03-04 21:54 | とうきょう生活の記 | Trackback

古色のフランスグラス4脚、譲り受けて。

今年のはじめ、
30数年前にある骨董屋さんで購入したというグラスを4脚も譲り受けた。
「フランスのものだからということで、あなたたちに」と。
f0120569_14225811.jpg

真空管アンプでレコードを聴きながら、
たばこをくゆらせ、このグラスでご主人はちびちびとお酒を飲んでいたのだとか。
その傍らでMさんは作品づくりに励んでいたのでしょう。
大切に大切にしていきます。
f0120569_14233188.jpg


いつか、物を少しずつ整理、処分していくとき、
このグラスを手放すとき、
Mさんはこういうことをしていた方で、
イタリアが好きで、ご主人はアナウンサーで、
などなど、語り伝え、手渡したいと思う。
もちろんフランスが好きな人に。

ささやかなお礼に、と、考えているのは、
60年以上前に初恋の人から受け取った恋文に書かれていた詩がのっている、
ヴィヨンの詩集を、と思っている。
探さなくっちゃ。

f0120569_14324335.jpg

あさちゃんの栗を使って焼いたパウンドケーキと、
お友達が持って来てくれたアペリティフ用の塩味のお菓子、
紅茶などを用意して。
文学の話やイタリアの話などなど、
お茶会は明るい時間から夜までゆるゆると続きました。

きょうの東京は、イライラする音を消して、汚れも消しながら、
       ひたすら雪が降り続いています。

    今年も、ブログタイトルからすっかりはずれてしまった“物語”のない、
    ブログですが、おつきあいいただけるとうれしいです♪
           よろしくお願いいたします。


*はじめての著書*
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
代官山の“大人の蔦屋”さん、六本木のTSUTAYA TOKYO ROPPONGIさんにて、
売れているフランス語の本として紹介していただいたようです。
置いていただけるだけでうれしいのに。ありがとうございます♪
引き続きよろしくお願いいたします。
友人の新著「はじめましてフランス語」、こちらもよろしくお願いいたします。
そろそろ新作も?乞うご期待!
[PR]
by aix-en-provence | 2013-01-14 14:45 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(8)

どっちのワンピースで書こうかな。

懐かしい「パリ空港の人々」をかりて、
カレーの具材を買う。

レトロなワンピース、どちらにしようか、ちょっと考える。
f0120569_16423220.jpg

友だちの顔を思い浮かべて。
これとこれ、どっちが似合う?どっちが好み?
そしてペンを取って、
手紙をしたためて。
f0120569_16431425.jpg


カレーの下準備、飴色タマネギをつくる。
カレーをぐつぐつ。
「パリ空港の人々」を見る。

地 味 な い ち に ち 、あ り ふ れ た 日 曜 日。

petites annonces
昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
友人の新著「はじめましてフランス語」
こちらもよろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-09-30 16:55 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)

フランスから持ち帰った“クロス”の習慣。

フランスの習慣なのでしょうか、たいていどこの家でも、食事のとき、
テーブルにナップ(クロス)がかけられていた。
遊びに行くと、すでにかけられていたり、または、食事の前に棚から出し、
バサッと広げてボワッと音をたててかける。(勢いよくね♪)
この、フランスで覚えた、“テーブルにナップをかける”という、
ちょっとステキな習慣を持ち帰ってきた。
(実家にはこの習慣、なかったので)

わたしのうちは、食事時以外もかけっぱなしで、
替えたい気分になったり、気分を変えたくなったら、
何かをこぼしてしまったりしたら、バサッと取って、ふわりとチェンジ。
だいたい1週間から10日くらいおきに替えている。
いつか読んだ本に堀井和子さんは1週間と書かれていて、ほっとしたのを覚えている。
取り替え時に、正解があるわけではないけれど、
3日に1度、いやいや、毎日取り替えるべきものなのかなって思っていたこともあって。
きょう、1週間ぶりに、取り替えた。
f0120569_2011651.jpg

いまはこれだけ。
これから1枚、1枚、少しずつ、集めていきたいもののひとつ。
フランス、ベルギーで見つけたもの、母からもらったもの、
あとは帰国してから東京で、バーゲン時に買い求めたもの。
f0120569_2013228.jpg


*庭の緑に似合った色彩のナップ。
フランスのおへそあたりにある小さな村、友だちのママの家にて。
f0120569_20125057.jpg

*プロヴァンス生地のナップ。
Aix郊外の友だちの親類の家にて。
f0120569_20125971.jpg


Petites annonces
昨年11月の終わりに出版した本が、おかげさまで増刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
友人の新著「はじめましてフランス語」、売れに売れています!
こちらもよろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-09-19 20:47 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(10)

「街並みはイギリスが好きだけど、暮らすなら・・」。

「街並みはイギリスが好きだけど、暮らすならオーストラリアかな!」
3週間のオーストラリア短期留学から帰ってきたメイ。
「ホストファミリーと別れるとき、飛行機が離陸するときは泣いちゃった」と。
いつもクールな彼女が涙を流すとは。。。
彼女が見せてくれた画像の、おおらかな景色のなかでの、
とびっきりの笑顔とピースサインが、
その理由を、ものがたっていました。
メイはちょっとにきびが気になる、夢いっぱい、16歳、高校1年生。

おみやげのオーストラリアのチョコレート。美味しい!
f0120569_2174829.jpg


コアラと。
f0120569_20584252.jpg


海で(一番左のちっちゃい子)。
f0120569_2042596.jpg




昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
友人の新著「はじめましてフランス語」、こちらもよろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-09-02 21:14 | とうきょう生活の記 | Trackback

フランス地方菓子とフランス時間。

フランスから一時帰国中の人、
来月フランスに発つ人たちが集まった、
日曜日、夏の昼下がり。
我が家での6時間半のフランス時間。
フランスの空気が流れた、しあわせ時間。

この日、フランスの由緒あるお菓子が集まりました。
南フランス、Aix-en-Provenceの銘菓カリソンと、
中東部フランスからはDijonの銘菓ノネット。
このブログに度々登場させている大好物のカリソン。
久しぶりのカリソン、味わっていただきました。
(カリソン好きの、今頃、ミュンヘンにいるであろう友人のために、3口分残しておきました)
ノネットはパンデピスの中にジャムのようなものが入った焼菓子。
「ショコラにひたして食べるのが好き、冬にね。」と、フランス人の友人。
そして、チョコレート。
フランスではなくロシアの。ロシアへ行った人からのおみやげ。

この日、いつものメンバー(パリで1ヶ月ヴァカンス中のヒトを除く)ということで、
大皿料理を用意。
お豆腐を使った前菜2種と、スパニッシュオムレツ、
いただきものの生ハム、そしてトマトとモッツァレラのプロヴァンス風サラダ。
メインにスパイスマジックのインドカレー&ナン。
テーマのない、いろいろな国のちゃんぽん?とんちんかんメニューとなりました。

▽本日撮り
花びらのかたちのカリソン、複雑な味があとをひくノネット、そしてロシアのショコラ
f0120569_16145124.jpg


▽写真に記録することをすっかり忘れ、みんなが帰った後、宴の後。。。。
f0120569_1615443.jpg



昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
こちらは友人の新著です。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-08-20 16:33 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)

お祝い事や餃子や鮭、過ぎた6月のこと。

家族のひとりが、あるところからご褒美をいただきました。
▽お祝いの席にて。
BADOITをバカラで♪アルコールがダメなわたし用。
f0120569_2091867.jpg

そのひと、今現在、イギリス滞在説、フランスはニース近郊の村滞在説がある。
いつものように、ご老人放浪旅。お帰りは9月とのこと。

▽所用でホテルオークラに宿泊。
朝食はビュッフェスタイル。
オムレツは具材を選び取り、その場で焼いてくれました。
f0120569_20102534.jpg


▽雨の土曜日、元町・中華街で待ち合わせをして、餃子を食べにホウライカクへ。
ここは池波正太郎御用達のお店だったそうです。
前菜、蒸し餃子、焼き餃子、水餃子、麺のセットをいただきました。
その後、元街・中華街から、上野へ。
雨降る上野の森で、かの有名な「鮭」を鑑賞。
f0120569_20112148.jpg

f0120569_20121227.jpg


以上、PENの中に記録され、
頭の中に記憶されていた、
6月のできごと。


*友人の新作です。ベストセラーを生んだ著者の2作目。
*私のです。増刷(二版)になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-07-11 20:36 | とうきょう生活の記 | Trackback

信州、田舎の家。

北海道から来る母と東京駅で待ち合わせて、母の実家、長野のお寺へ。
f0120569_20405913.jpg


f0120569_20415430.jpg

幼い頃から、ここで夏休みを過ごしてきました。
家屋が新しくなっても、懐かしいにおいはそのまま。

お世話になっている奥山田温泉の山田館でお風呂をいただき、
翌日は、小布施(おぶせ)へ。
北斎館、北斎の天井画と小林一茶で知られる岩松院を訪れ、
桜井甘精堂泉石亭でお昼を。

山の恵み、川の恵み、太陽の恵みを享受して帰京しました。

f0120569_20424210.jpg

△東京まで持ち帰ってきた桜井甘精堂の大好きなマロンシュークリーム。



f0120569_20475416.jpg

昨年11月の終わりに上梓した本が、おかげさまで増刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by aix-en-provence | 2012-05-22 20:53 | とうきょう生活の記 | Trackback | Comments(2)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

仰(あお)ぐ。
at 2017-06-26 14:32
ジュール、7歳、ひょろり12..
at 2017-06-21 11:29
Petite France(..
at 2017-05-01 10:44
余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(92)
(46)
(46)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

> riemusik2さ..
by aix-en-provence at 13:58
> akicosmosA..
by aix-en-provence at 13:50
こんにちは。 お父..
by riemusik2 at 10:37
お久しぶりです。お父様の..
by akicosmosA at 06:33
chikaさ〜ん、ありが..
by aix-en-provence at 22:02
ひばりさ~ん、お久しぶり..
by chika1985chika at 17:50
hisaeさ〜ん、エク..
by aix-en-provence at 14:35

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル