カテゴリ:にちふつ友の記( 80 )

フランス人ツーリストが喜ぶ食べもの。

4月のはじめのこと。
現在、ベトナムに暮らすフランス人の夫婦が初来日。
銀座の居酒屋で賑やかなひとときを過ごして来ました。

前日がMarionの誕生日ということで、
“居酒屋ケーキ”を用意してもらいました。
Marionは、とっても喜んでくれて涙目に。
(お店の人に伝えてみるものですね。おまけにサービスでした♪)
f0120569_1013976.jpg


ふたりが東京食事編として印象に残っている、おいしかったものを聞くと、
すかさず、
コベギュという回答。

神戸牛。
Marionの誕生日当日は、神戸牛を食べでお祝いしたそうです。

それと、
「お鍋の中にご飯が入ってて、で、ご飯の上には海老が」。

これ、何かわかりますか?

私たちはわからず、写真を見せてもらって、

ああ!これね!と。笑


答えは
釜飯

それから、豚の角煮に添えられたゆで卵
味付けのゆで卵、どうやって作るの?と、日々の料理担当Mathieuに聞かれました。

*      *       *      *      *

実は、MarionとMathieuのふたりに会ったのは、
この日、この時がはじめて。
メールのやり取りが始まったのは3日くらい前だっけ。
向こうで暮らしている時にお世話になったフランス人の友人たちが、
フランスから、アメリカから、ときに、
「今度、友だちが東京に行くから会ってみて。」と指令。

その人たちについてほとんど前情報が与えられない中で、
カンだけをたよりに会うことになるのだけれど、
これも回を重ねるとなかなかおもしろくなっていくのです。
ニューヨークからの指令で西麻布で待ち合わせをした時には、
外国人が多い中で、何人もの人に声をかけて「○○さんですか?」って(笑)。
想像とははるかにかけ離れていたセレブリティなご夫婦に、
おろおろしたことも(笑)。
それぞれみんなと思い出深い時間が過ごせて、私たちにとって得るものが多いのも事実。
日本のことを伝えたり、フランスのことを聞いたり、家族のこと、
仕事の話を聞いたり、話したり。
ことばの鉄の壁はあっても、どうにかこうにか、ほんのほんのすこ〜しわかりあえる、
心と心が通じ合える悦びが嬉しいもの。
コミュニケーションというのが楽しいのかな。その人を知ることも楽しい。

久しぶりのフランス語会話。
Marionはベトナムの小学校で先生をしているということもあり、
やさしいフランス語で話してくれて、
聞き取りやすく、救われたのでした。
マーケティングの仕事をしているMathieuもとってもよくしゃべる人だったので、
会話が途切れることなく、わいわいと楽しい時間が過ぎ去って。
f0120569_10173797.jpg


帰りはビズで、またね!今度はベトナムまたはフランスでね!とお別れ。
翌日の早朝、東京を離れて、京都へと向かったのでした。
[PR]
by aix-en-provence | 2016-05-09 10:48 | にちふつ友の記 | Trackback

エトワール君とレーヴちゃんと。

Toussaintのお休みで、日本に一時帰国した友人家族。

とても短い期間ということで、今回は会えない。我慢、我慢と思っていたところ、

声をかけてくれて、平日、オフィス街までやってきてくれたのです。

f0120569_20075295.jpg

2年振りに会うエトワール君とレーヴちゃん、

背がぐんと伸びて、お顔もいちだんとかわいく、カッコよくなって、

ちょっぴり照れやさんになって。


ランチ&お散歩の短い時間だったけれど、

大笑いして、走りまわって、ふざけあって、

ポエムの朗読もしてもらった、

とっても愉快な秋の日の午後でした。


f0120569_20081566.jpg

その日の帰りのこと。人ごみの中で、

ツカツカッと人をかき分けるように女性がやってきて、

声を掛けられたのです。

「ものすごくきれいなオーラが出ています!」と。

宗教の勧誘の人に間違いないので、

無視。

けれど、そんなことを言われると・・・・・

・・・・・・・・・・

嬉しいです。(よね?)

もしも、もしも、もしももしも、

ほんとうにそうだとしたら(笑)、

その日、その時のオーラは、友人と子どもたちに会えた喜びにあふれて、

幸せに満ちた表情で歩いていたからかな♪

きれいな色のオーラを、いつまでも(笑)♪
f0120569_20084313.jpg

ふたりは、パパの血をひき、絵がものすごく上手なのです!!


レーヴちゃんとエトワール君の過去記事です。→こちら






*はじめての著書*

おかげさまで2011年11月に上梓した拙著が今年、 昨年11月に再び増刷(4版)となりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。

次回作は、来年を予定し、スローペースで進行中です。


[PR]
by aix-en-provence | 2015-10-21 20:58 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(4)

晩 夏 の 集 い 。

フランスへ帰ってしまう友人、

南フランスから2週間のバカンスを終えて帰ってきたばかりの友人夫婦を

8月の終わりに新しい家に招きました。


料理テーマは「輪(和)」

けれど、ロシアの友人が喜んでくれるかなと思って、ロシア風サラダも。

(ポテトサラダとほぼ同じでした:笑。)

チラシ寿司にお豆腐&いろいろ野菜のサラダに煮豚、デザート。

ビールに白ワイン。

これにお土産の美味しいテリーヌと華やかなタルトが加わり、

賑やかなテーブルに。和ではなくなりましたが^^

f0120569_10081806.jpg
f0120569_10083353.jpg

この集まりが決まってからテーマを考えて、

そしてメニューを合間合間に頭の片隅で組み立て、

決めてからは、イメージ画を描いてみたり、

前日から仕込みをするもの、

当日の朝にすることをメモしたり。

こういうの考える時間って楽しいよね。

大好きな旅の準備に少し似ているような気がするの。



*はじめての著書*

おかげさまで2011年11月に上梓した拙著が今年、 昨年11月に再び増刷(4版)となりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。

次回作は、来年を予定し、スローペースで進行中です^^




[PR]
by aix-en-provence | 2015-09-07 10:26 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(2)

5月のウエディング、教会にて。

引越し前々日の5月の好日、

フランス友だちのX君の結婚式へ参列しました。

f0120569_11123144.jpg
f0120569_11130681.jpg

新郎の友だちになって9年あまり。

その間、出会い、幸せの日々、そして突然の別れーーーーー。

ーーーー辛く悲しい日々のなかで、すぐそばにいた青い鳥に気づくことができたよう。


ご縁があって神様の祝福を受けこうして五月晴れのなか、“晴れの日”を迎えることができたのです。


f0120569_11140308.jpg
東京都歴史的建造物の築地教会にて。


挙式の後、会社関係の方々と友人だけのパーティーへ。

とっても盛大で100人以上いたでしょうか、熱気ムンムン。

あまいあま~い時間をお裾分けしてもらって、

段ボールのお山のおうちへと帰ったのでした:笑


f0120569_11143244.jpg
ケーキカットの後のケーキ山盛り♪
f0120569_11145044.jpg
パーティーは丸の内のアジアンレストランで。
嬉しいニュースもありました♪




*はじめての著書*

おかげさまで2011年11月に上梓した拙著が今年、 昨年11月に再び増刷(4版)となりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。



[PR]
by aix-en-provence | 2015-05-20 11:53 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(0)

お見合い。

お菓子づくりが趣味で、

国内外をあちこち巡っていて、

ノリ鉄子ちゃんのところも少しあるようで、

食べることが大好きで、

お兄さまよりも頼もしく(?)、

お手紙の字が丁寧かつ美しく、

お話好きで、

空想好き、

好奇心旺盛で、

聞香を嗜んだりもする、

私の自慢の若いお友達。

そんな彼女がこの4月、お見合いをするとのこと。

「お見合い」という言葉の響きが・・・・

なんだかとっても懐かしく、新鮮。


f0120569_17225919.jpg

お着物でどこかのホテルで会って、

最初はおばさまが中に入って、

「あとはお若い方おふたりで・・・」の構図が目に浮かんできました。

いまの時代、そんなこんな堅苦しいお見合いではないと思うけれど?笑。

いいご縁でありますように。




*はじめての著書*

おかげさまで2011年11月に上梓した拙著が今年、 昨年11月に再び増刷(4版)となりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。




[PR]
by aix-en-provence | 2015-04-09 17:29 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(2)

3さん9きゅ。

フランス、ニューヨーク、ソウルに送る今年の手作りカード。

f0120569_21153043.jpg

クリスマス後の到着になりそうです。。。


年々、残念なことに送る枚数が減り、今年もまた。

12月、東京に南仏のミストラルのような風が吹いた夜、

まさにその時間、フランスにてアーティストのGさんが荼毘にふされました。

Aixの素敵なアトリエで個性的な作品を生み出していたGさん。

Gさんのアトリエは、わたしの「Aixのいちばん」でした。






話は変わり、タイトルの39


この数字・・・・・・・・・


今年のブログの更新回数。(なんて少ないの!)


手帳をめくったり、 iPhotoの中を見てみると、

こぼれ落ちたものやことが、あらら・・・いっぱい。。。

来年は、もう少し。


f0120569_21242745.jpg

今年も1年、とりとめのないこのブログをご覧いただき、

ありがとうございました。

来年もほそぼそと続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

楽しいクリスマス、そして、よいお年をお迎えください♪


f0120569_21244621.jpg




*はじめての著書と友人の著書*

おかげさまで2011年11月に上梓した拙著が今年、 11月に再び増刷(4版)となりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。




[PR]
by aix-en-provence | 2014-12-21 21:58 | にちふつ友の記 | Trackback

一時帰国でちょっと困ること。

フランスから一時帰国が始まっています。

先日、3年半振りに日本へ帰ってきた友人と再会。

待ち合わせはいつものところ、いつもの時間。

正午銀座和光前


彼女が一時帰国でちょっと困ること、ふたつ。

 過去にも書いたように思いますが、日本に帰って来て、やっぱり困ることのひとつが「トイレ」だそうです。友人世代は一時帰国時、みんなが同じことを思うのだとか。

「流すボタンはいったいどこなの?」って。

「進化はいいことだけれど、もう少しシンプルなトイレになるといいのにね」。

 もうひとつ、街中の野外喫煙所が3年前より少なくなったこと。喫煙場所を探すのも一苦労で、喫煙者の彼女はこれにも困っていました。

 

あっという間に帰国してしまうため、今回、会えたのは1度だけ。

話は尽きず、次回はこの街で。いろいろ計画してくれました・・♪

f0120569_15404032.jpg

 彼女夫婦と出会わなかったら、私たちのフランス滞在の思い出が半分くらい少なかったかもしれません。それほど多くの場所に行かなかったでしょうし、伝統や文化などといった知識もそれほど得られなかったでしょう。フランスの素晴らしさをここまで体感できなかったように思います。

 ヨーロッパの夏時間は日が暮れるのが21時とか22時くらい。太陽の強さがやわらいでくる夕方4時くらいに庭小屋から出て、待ち合わせをして、深夜に帰宅というのが土曜日とか日曜日の日課になり、

夕方から深夜にかけての夏の遠出ドライブをたびたび楽しみました。

ドライブ中、歌をうたったり、夜中のラベンダー畑で寝転んだり。。。


 こちらの画像は陶器の里、ムスティエ(サント・マリー)。

プロヴァンス地方とコートダジュールを結ぶ山岳地帯にある村です。

岩と岩の間にが掛けられています。はじめてがかけられたのは13世紀なのだとか。

ノートルダム教会の屋根のすぐ右側にポツンとあるのがです。

f0120569_15472034.jpg
f0120569_15474913.jpg
f0120569_15481105.jpg

ムスティエ焼き。



ドライブの途中で。

f0120569_15492317.jpg
f0120569_15494640.jpg

陰がジャコメッティの彫刻のようなJさん。

今は天国に





7.3テレビ朝日テレビ「グッドモーニング」と夕方のニュースのどこかで出るそうです。

ちょっっぴり立ち上げのときにお手伝いしたカフェ→★★★★★

私自身、とても気に入ったカフェなので、

みなさまにもお伝えしたくて。

オープンした虎ノ門ヒルズの近くです。

よろしくお願いいたします。




*はじめての著書と友人の著書*

おかげさまで拙著が2013.6月に3刷になりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。

基本からしっかりフランス語を学びたい方へ。

友人の中田俊介氏の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」がおすすめです。




[PR]
by aix-en-provence | 2014-07-01 16:20 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(6)

抹茶ムースと恋ノ話。

若葉萌える頃、

とても若いお友達から、

美味しい嬉しい、瑞々しさもある、

そんなお土産をふたつもいただきました。


ひとつは手作りの抹茶ムース

ほろ苦さとやさしい甘み。

目にも美しいムースでした。

(うちの人が「このレシピをおしえてほしいね」と^^)

f0120569_16171362.jpg

そして、胸がキュンとなったノ話。

若返りのクスリを飲ませてもらったような・・・

そんな気をもらったのでした。

(このレシピはさすがにないですね:笑)

f0120569_16200812.jpg




ちょっっぴり立ち上げのときにお手伝いしたカフェのご案内です→★★★★★

私自身、とても気に入ったカフェなので、

みなさまにもお伝えしたくて。

間もなくオープンする話題の場所の近くです。

よろしくお願いいたします。





*はじめての著書と友人の著書*

おかげさまで拙著が2013.6月に3刷になりました。

フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。

よろしくお願いいたします。

基本からしっかりフランス語を学びたい方へ。

友人の中田俊介氏の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」がおすすめです。





[PR]
by aix-en-provence | 2014-06-08 16:57 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(4)

“おめでとう”で幕開け。

今年もみなさまのブログの中で、おめでたいお話、ジーンくるいいお話、
おもしろいお話、美味しいお話、夢が叶ったお話、何か作品のお知らせ、
美しい景色、何気ない日常、ペットたちのお話、趣味etc・・に出会い、
共有させていただけることを楽しみにしています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、
新春早々、晴れやかな便りが届きました。
「結婚することになりました。相手は○○に住む名前は○○○○さんという方です。
落ち着いたら二人で会いに行きます」。
彼らしい、あっさりとしたマジメ~な文面でした。
彼はフランスで技術者として仕事をしていた人で、現在は日本住まい。
私たちが帰国した後も一時帰国のときには、実家に帰る前にうちに寄って2、3泊してくれた人。
「いい相手がいれば、結婚したいっスね。」って言いながらも、
自分から行動するタイプではなく、女性の気配がまったくないことに心配していたのですが、
ようやく「おめでとうございます!」が言えました。
f0120569_21281654.jpg

思い返すと、昨年2013年は、3人の友だちが結婚。
みんな40代!!花盛り♪
うち、1組に赤ちゃんが誕生。
うち、1組は国際結婚。
今回、結婚間近な友人も40代。

一方、昨年は結婚と同じ数だけ別れがありました。
ものすごくショックを受けたけれど、
話を聞くと、みんな人生を、自分自身を、
ステップアップさせるための選択(別れ)のように思います。
昔とった杵柄で、フランスで同じ資格をとるために頑張っている友人、
就職難といわれるフランスで就職でき、新しい街で一歩を踏み出した友人、
東京でフリー生活をエンジョイ中のフランセーズ、
フランスで勉学に励んでいる友人。
もう二度と会いたくない。というカップルはなく、
ほどよい距離を保ちながらの悪くない関係が続いているようです。
f0120569_2130815.jpg

♡がいっぱいのレーヴちゃんとエトワール君から届いたお手紙。
※ジャックとソフィーは私とパートナーのこと:笑



*はじめての著書と友人の著書*
おかげさまで拙著が2013.6月に3刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
基本からしっかりフランス語を学びたい方へ。
友人の中田俊介氏の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」がおすすめです。
[PR]
by aix-en-provence | 2014-01-10 21:44 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(12)

おいしいっ気分転換。

日本晴れのある日曜日、
引っ越しをひかえた友人から、食材整理と称したお昼ごはんにお呼ばれ。
キッチンに入ると、松の実をフライパンでいっているところで、
横には大きな泡がボコボコと音をたてて吹いているお鍋。
「わっ、もしかして、パスタ?松の実といえば・・ジェノベーゼソースの?パスタ?」
「ん、大丈夫?食べられる?」
「好き、好き、大好き。」
「つまらないから、モッツァレラを乗せるよ。」
「きゃっ、たまらない!」
キッチンにてベリエで乾杯して、いただきました。

そしてーーー。

サンタがたくさんついた布の下のボールをのぞくと、淡いクリーム色のとろとろが。
「わっ、もしかして、これ、あれ?」
「クレープつくるよ。」
彼女がフランスから持参したクレープ用のフライパンでひょひょひょいっと手際よく、
次から次へと焼いてくれたのでした。
さすが、フランセーズ、小さい頃からクレープを作っているという彼女とあって、
クレープはお手の物。
中に入れるのは、バニラ入りのお砂糖とハチミツとバター。
ハチミツは、彼女の友人カップルが南フランス、リュべロン地方で
養蜂とハーブ栽培をはじめたそうで、そこのもの。
私は1度しか会ったことがないけれど、
美人の彼女とリュベロンの景色を思い浮かべながら、
あっつあつを、ハフハフしながら立ったまま頬張ったのでした。
残念ながら来られなかったパートナーにと、お土産用のクレープも持たせてくれて。
仕事が山積みで、ゆっくりおしゃべりしている時間はなかったのが残念だったけれど、
彼女のおかげでおいしいおいし~っ気分転換ができました。
f0120569_15414387.jpg

いまは小さな村のマルシェでしか売っていないけれど、
将来、リュべロンのハチミツとハーブティーを日本に輸出したいとのこと。
実現することを願って☆

画像は2点とも別の友達が向こうから送ってくれたラベンダーのハチミツ。
あっ、これも、リュベロン。
1年近く目で見て味わっていたら、固まってしまいました。
食べはじめなくっちゃ。
背景に少し見えているのは我が家の冬の定番、ハチミツレモン。
このハチミツは“みかんのはちみつ(農大)”を使いました。
f0120569_15425254.jpg



*はじめての著書と友人の著書*
おかげさまで拙著が2013.6月に3刷になりました。
フランス語、フランス旅行はじめてのかたに贈るフォトエッセイです。
よろしくお願いいたします。
基本からしっかりフランス語を学びたい方へ。
友人の中田俊介氏の新著「はじめましてフランス語〈基本文法〉」がおすすめです。
[PR]
by aix-en-provence | 2013-12-01 16:13 | にちふつ友の記 | Trackback | Comments(8)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56
まぁるく。
at 2016-01-08 11:58
ご え ん を あ り が..
at 2015-12-22 16:32
あまくない、スイーツ。
at 2015-11-30 16:57

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(40)
(40)
(37)
(21)
(7)

最新のコメント

鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55
ボーヌに行ったのですね。..
by grandeN at 16:54
hisaeさん、恐れ入り..
by aix-en-provence at 21:07
サラダのドレッシングは、..
by hisae-18 at 13:57
francanaさん、昔..
by aix-en-provence at 19:49

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル