「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:France,Paris '11( 16 )

パリ近郊、印象派の水辺の村にて。 sanpo

2011.2.11、昨年のちょうど明日、
友人が何度も何度も数えきれないほど訪れているという、
パリからSNCFで50分ほど(パリから70km)のところにある、印象派ゆかりの村へ。
Moret Sur Loing、通称「モレ」。

かつて1.5kmにわたって高さ8mの城壁が取り囲んでいたそうです。
城門から、メインストリートのRue Grandeへ。
この日はこぢんまりとした朝市が立っていました。左の古い建物はお菓子屋さん。
f0120569_9475745.jpg


この村の象徴、ロワン河に架かる橋、Rue du Pontの入口。
ロワン河はパリへと続く河。2km先でセーヌに合流。
f0120569_9483572.jpg

途中、振り返って、歩いてきた道を見る。
Penを縦に。
f0120569_949772.jpg

また歩いて今度はPenを横に。
f0120569_9503721.jpg

橋の下へ降りてみると、シスレーの絵、そのままの風景が広がっています。
絵のようなパステルブルーの空の色に変わっているような(?)気が。
f0120569_9532375.jpg

ここは印象派の画家シスレー(1839-1899)ゆかりの地。
全作品の半分がモレとモレ近郊の風景を描いたものだそうです。


▽来た道に戻り、向こうに見える、L'eglise Notre-Dameへ向かいます。
f0120569_9515297.jpg

▽シスレーが何度も描いた、L'eglise Notre-Dam。
あっ、また空の色が変わった!
f0120569_9562291.jpg


シスレーがここに暮らし、友人がフランスを訪れる度に通っている理由が
わかったような気がしました。
今度は緑がきれいな季節に訪れてみたい村。





f0120569_10241515.jpgフランス旅行、フランス語初心者のかたに向けた、
フォトエッセイです。
書店の語学(フランス語)コーナーで手にとってパラパラと。
よろしくお願いいたします。
拙著のご案内はこちらです
[PR]
by aix-en-provence | 2012-02-10 10:27 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(0)

マリー=アントワネットの鉛筆。

マリー=アントワネットの“すでに削られた鉛筆”、
1本1ユーロちょっと。
くるくるまわして見ると、
素敵なドレスがたくさん(不鮮明だけれど)。
鉛筆とお揃いの絵はがき、こちらも1枚1ユーロちょっと。
f0120569_9261092.jpg
         絵:Claude-Louis Desrais


東京・三菱一号美術館にて、
マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展開催中。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-03-11 09:32 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(8)

それでもやっぱりパリはパリ。

f0120569_943263.jpgf0120569_94173.jpgf0120569_94189.jpgf0120569_934130.jpgf0120569_932736.jpgf0120569_931360.jpgf0120569_92593.jpgf0120569_924664.jpg




































































・パリの舞台装置。
・わかれみち。コインを投げて裏が出たらこっちへ、表が出たらこっちへと行き先を決めていたのはパリの永井荷風。
・すれ違った素敵な男性二人の行き先を目で追ったら、そのとき、お手を。
・永遠の愛を誓うたくさんの南京錠。
・よどみの中の光。
・パリの雨にぬれるのもいいものです。
・スカーレット。似ているって思ったけれど、『サンディエゴ生活』のBDさん作のスカーレットの方が美人さんでした。
・そして、曇るエッフェル塔。


ぼやけた冴えない天候だったけれど、
それでもやっぱり、
パリはパリ。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-03-09 09:32 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(2)

慈愛に満ちたパリの教会食堂。

長尾智子さんが紹介していたパリ、マドレーヌ寺院の食堂(レストラン)。
今度、パリへ行ったら、行ってみよう。と、ずっと思っていたところ。
“教会の中の食堂”“マドレーヌ寺院の中の食堂”“奉仕団の食堂”。
想像の翼が広がる。

お年を召した常連軍団にまじり“入場”すると、
常連さんたちをやさしく包み込むような面差しのマダムが
並んでいる人たちに声をかけている。
話しかけやすそうなその彼女に、
「はじめてなのですが・・・」と告げてみると
親切に、ていねいにシステムをおしえてくれた。

支払いを済ませ、そこから、右または左へ。
私は左へ。
テーブルにはすでに前菜とてんこ盛りのパンなどが並べられている。
どこに座っていいのかわからず、
ぱっと目についた“川内倫子さんカラー”のマダムにたずねた。
白いタイツに白いセーター、
水色の膝丈スカートのユニークなファッションのそのマダムは
「お好みのセルヴーズのところへどうぞ。うそよっ、好きな前菜のところへ(笑)」
と、粋な(?)ことをいってくれる。
別のセルヴーズが
「あっ、あなた、そこにある前菜がイヤなら、これとこれを変えてもいいのよ。」
「これ、なんですか?」と目の前のオレンジ色に染められたお米のサラダのような
前菜について聞くと、
「ん~これ?なにかしら」。
といって、それとグリーンサラダを交換したのでした。

f0120569_8555359.jpg


前菜のサラダを食べ終えると、ものすごくいいタイミングで
「メインは何がいい?」とセルヴーズが聞いてくる。
「見たい」
「じゃ、こっちに来て」
「ついでもデザートも選ぶといいわ」

f0120569_856712.jpg


場所を移動してのコーヒーの後、
出口までマダムが見送ってくれた。
「A bientôt!」
この言葉が意外とうれしいものなのです。

味はいまいち。という声もあるようだけれど、そんなことはないと私は思う。
お料理の見た目はフランスの大学の学食をちょっと豪華にした印象。


食べている時もぴかぴか光る笑顔のマダムが、声をかけに来てくれる。
私が不幸そうに見えたのでしょうか(笑)
ちょっと疲れていた私。大げさだけれど、マリア様のような人々に救われたカンジ。
ちょっとパリは冷たい・・・・って感じた人におすすめかもしれない。
旅人にやさしいパリの教会食堂のランチ(前菜+メイン+コーヒー)、
12ユーロ。それはそれは温かで、慈愛に満ちた食堂でした。


        マドレーヌ寺院はショパンの葬儀が行われた場所。
f0120569_8562420.jpg

[PR]
by aix-en-provence | 2011-03-08 09:37 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(2)

パリのショコラとリボン。

義姉おすすめのショコラティエ『パトリック・ロジェ』。
日本に出店していないそうで、はじめて知り行ってきました。
義姉一家に、アート(?)なショコラ数種類が詰められた箱とタブレットを。
うち用にもタブレット。

f0120569_11104075.jpg



手芸作家の友人に、リボンを。
ブロカント市で見つけたリボンも。
f0120569_11134086.jpg

お土産といいながらも、自分もほしくなってしまい、
ブロカント市で購入したリボンはすこ〜し、
カットさせてもらいました。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-02-27 11:19 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(4)

パリ、彼女たちのブーランジュリー。

モンマルトルを歩いている時、向こうの方から日本人の女の子が3人、
一人1本ずつバゲットを手に歩いてくる。
とってもうれしそう。みんなパリジェンヌみたいでかわいらしい♪
パリの街をバゲットを持って歩くだけで、うきうきする、
その気持ち、とってもよくわかる。

彼女たちはどこでバゲットを買ったのだろう。
きっとこの先にお店はあるのだろう。
私も〜♪と、彼女たちのブーランジュリーをめざし歩いた。
大行列発見。時間は正午少し過ぎ。
どうしようかと迷ったけれど、ウインドウを覗くと
入らずにはいられない衝動に駆られ、列の最後尾に。
f0120569_9324545.jpg



今回も何度もバゲットを食べたけれど
フランスではじめて食べた時のあの感動再び、
とはいかない。
いまは東京のバゲット、とっても美味しいから。
でもパリのブーランジュリーでドキドキしながら
バゲットを1本買い、
パリの空の下で食べることに意味があるのだと思う。
随分昔のことになるけれど、
はじめてバゲット1本買えた時の喜びは、味とともに
今でも忘れられない、
思ひ出。
f0120569_9385862.jpg

[PR]
by aix-en-provence | 2011-02-24 09:51 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(4)

パリ近郊の村でウフッ。

(ナレーション)
ウフマヨネーズ。
パリのビストロで定番の前菜。
ゆで卵に、マヨをつけるだけ。
ウフッて笑っちゃうほど、カンタン!
カロリー2分の1
キューピーハーフ
「キューピーハーフ 卵とエッフェル塔篇」より


このCFのウフ・マヨネーズが気になっていた。
けれど、忘れていた。
突如、あっ!・・と、思い出したのはパリ近郊の村のビストロにて。
Menuの数種類の前菜の中に、œuf mayonnaise の文字を見つけ、
迷わず、コレをオーダー。

フランスのおへそ辺りにある友人のママの家で
夏のヴァカンスを過ごした時、
ママが自家製ビネガーを使い自家製マヨネーズを
作ってくれた。レシピはどこかにメモしたけれど、
同じ味を再現できないだろうと、一度も作っていない。
œuf mayoではないけれど、手作りマヨネーズの思い出。
そんなことを思い出しながら、運ばれてくるのを楽しみに待った。

・・・えっ!?聞き捨てならぬ音が!
スポッ、プスッ・・・プスッ・・・
音のする方に視線を向けると、
あ〜〜〜〜!
フランスの薄いマスタード色をしたプラスチックボトルのあのマヨの姿が・・・
え〜〜〜〜!

そして登場したお皿がこちら。
f0120569_105020.jpg

グラタンのソースのようにかけられた大量の市販マヨネーズ、
その下に4つの茹で卵???
と思ったら、
ゆで卵は半分に切られて、全部で卵2個。
ちょっと安心。
でもゆで卵の茹で加減は、私好み。

このビストロの“残念”はマヨネーズだけ。
ものすごいボリュームのメインは、とっても美味しくいただいた。
村のビストロらしい素朴な家庭料理。

加えて、マダムがひとりで切り盛りしていたビストロで、
八面六臂の働きっぷり、見ていてとっても気持ちがよかった。
途中でご主人と思われるかたから電話がきても、
「えっ、なに?来なくても大丈夫、大丈夫!こないで!!」と
受話器をガシャッ。
一同、笑う。

f0120569_1081123.jpg

ウフマヨにはがっかりしたけれど、
たくましいフランス人女性をここで見たような気がする。
心晴れ晴れ、気分爽快!
[PR]
by aix-en-provence | 2011-02-22 10:26 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(0)

友人たちとのパリ時間。

パリ2日目の午後、パリに暮らす友人たちと待ち合わせ。
場所はバスチーユ広場の大階段。

友人たちとの再会にドキドキ・・・・
パリの空の下で会うことに、少し緊張・・・・
しながら、みなが来るのを待つ。

みんな揃うと、みんな日本人なので、ビズではなく
日本式におじきを(笑)。
パリらしいカフェに連れていっていただき、
私はパリらしくカフェ・オ・レを。
近況報告やここには書けない話(笑)などを聞き、
あっという間に時間が過ぎてゆく。

f0120569_13584749.jpg
        素敵で多才で将来が本当に楽しみな、私の自慢の若き友人たち。

f0120569_13592028.jpg
 
ひとりはパリのレンタル自転車でパリの風を切り、颯爽と帰ってゆきました。
※自転車の赤い人はその彼ではありません。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-02-20 14:12 | France,Paris '11 | Trackback(1) | Comments(6)

パリに抱かれて。

まるで迷い子のように
僕は街を歩いて行った
ひとりぼっちで寒かった
パリよ おまえは そんな僕を抱いてくれた
Paroles Enrico MACIAS
f0120569_2228728.jpg



写真は、ダメなものばかりでがっかり。
撮影に行ったわけじゃない。
と、自分に言いきかせて。


「ボクのことはちゃんと撮れたね!」
なぐさめてくれているの?
フランス人の友人の家にて。
f0120569_2229317.jpg


パリ、最終日の朝の色。
刻々と空の色が変わっていく、パリの朝の色を見るのが好きだった。
朝が来るのが楽しみだった毎日。
f0120569_22333039.jpg

lever du soleil 7h58
フランスの天気予報は最後に太陽の起きる時間と寝る時間を知らせてくれる。
太陽を愛する国だから?
そういえばAixに居た頃、フランスの当たらない天気予報番組が好きでよく見ていた。
お天気マダムのおもしろさもあって。
ちゃんと今回も彼女を見てきました。相変わらずお元気そうで、ミニスカで。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-02-18 22:50 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(8)

本日のパリごはん。

お腹がすいて駆け込んだお店。
スタイリッシュな雰囲気で、
店員さんもサンパ♬
料理もトレボン♪
f0120569_22224630.jpg
f0120569_2223954.jpg

アントレ+メインを選んで15ユーロ。
大満足なり。
[PR]
by aix-en-provence | 2011-02-16 22:28 | France,Paris '11 | Trackback | Comments(5)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56
まぁるく。
at 2016-01-08 11:58
ご え ん を あ り が..
at 2015-12-22 16:32
あまくない、スイーツ。
at 2015-11-30 16:57
と く べ つ な た び 。
at 2015-11-20 10:49

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(40)
(40)
(37)
(21)
(7)

最新のコメント

鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55
ボーヌに行ったのですね。..
by grandeN at 16:54
hisaeさん、恐れ入り..
by aix-en-provence at 21:07
サラダのドレッシングは、..
by hisae-18 at 13:57
francanaさん、昔..
by aix-en-provence at 19:49

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル