カテゴリ:etc・・・・・( 20 )

部屋のほんの一部〜 Vol.2アパートの玄関。

鍵穴にグサッと鍵を入れ、くるっとひねり、
そのまま重い重い重い戸を力いっぱい押す。厚さ8cm、高さ2m以上。
鍵を抜くにはちょっとしたコツが入り、鍵を鍵穴にぎゅっと押して、
するりと抜く。力加減がポイント。慣れない頃は、鍵が抜けず、
通行人を呼びとめ、「この鍵が抜けないんです〜」と助けを求めたこと数回。

夜は右側壁の電気のスイッチをパチンと押す。
チェスのマスの通路を数歩、柄が変わって数歩、そして階段。
階段は2方向に別れる。
ひとつはそのまま建物の2階、3階へ。
正面の階段は、我が小屋へと続く。

f0120569_2112939.jpg


再び、第二の戸。
開けてそのままだとバッッタンッッッと、ものすごい音が響き渡る。
小心者の私たちは、戸がしまる所まで手をそえる。
ミレナ(ポロネーズ)とアンジェ(フランス人)のカップルは、
元気よく、バッタンッッ!!!この音で彼等の出入りがわかる。
戸を開けると、正方形の中庭。
太陽いっぱいのエリア。夜は瞬く星が見える。
ミレナは春になると、この場所でビキニで、読書。ビーチと化す。
そして正面の雨戸のような作りの白い扉。
ここが、ベルナーさんちの庭小屋=私たちの部屋の玄関。
鍵穴に鍵をさし、くるっとひねる。
開けると、今度はガラスの戸。
一段下がり、土間のようなキッチン。横にさらに戸がある。
これが最後の戸。
ここを開けると、小さな部屋が待っている。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2008-01-16 21:37 | etc・・・・・ | Comments(0)

大きな楕円形のテーブルを囲んだ夜から朝。

31日の夜、友だちの家で2007年最後の時を過ごす。
日本人6人、フランス人4人。ネコとイヌ。時々、マミー。
大きな楕円形のテーブルの上には、たくさんの大きなお皿。

私の後ろには、ノエルのツリー。
片付け忘れたわけではない。
フランスは、ノエルの日が終わっても、ノエルの雰囲気は年明けまで続く。
f0120569_4444516.jpg

2008年のはじまりの日、
私たちは、エクスのメインストリート、ミラボー通りにいた。
パリのシャンゼリゼのように、盛り上がるんだろうな、と、期待しながら。
しかし・・・実に寂しいもので。。。

新年を迎え、友だちの家に戻り、
再び、大きな楕円形のテーブルを囲み、勢いよく、乾杯!
よく食べ、よくおしゃべりして、よく笑った、大晦日から新しい年の朝5時まで。
今年も、みんなにとって、この日のような
しあわせな時間が流れる、1年でありますように。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2008-01-05 04:52 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(0)

部屋のほんの一部〜 Vol.1本棚。

本棚兼飾り棚兼絵ノ道具箱兼炊飯器置場。
日本語の本は、下段。
フランス語の本は、上段。

f0120569_21241623.jpg

下段。
「ふらんす物語」「陰影礼讃」「ユルスナールの靴」「腕一本巴里の横顔」ほか数冊は、
日本から選びに選び抜き持ってきた本。
「壬生義士伝」は、わずかな期間、一緒に住んでいたK君の置き土産。
そして、お決まりの定番ガイドブック。
右端は参考書関係。装丁がきれいで、内容もよい「1からはじめるフランス語作文」、
初心者の頃お世話になった「フラ語動詞こんなにわかっていいかしら?」他。

日本からフランス人の友達が持ってきてくれた雑誌「 ku:nel」、
彼が一時帰国した時に買ってきた「anan」。※なぜ 「anan」を買ったのか不明。
所属していた俳句の会の同人誌。
フランス人の友達からもらった日本の雑誌「ゴシック&ロリータバイブル」。
借りているルーヴルのガイドブック。
学校の教科書ほんの一部。

上段の本は、全部フランス語。
小さなカラフルな色がついたのは子供用の絵本。このシリーズの背表紙を並べていくと、
キャラクターの顔があらわれる。
ハーブの本、プロヴァンスの生活の本、料理本、
そして白い背表紙は、高級感あふれるDiorの時計コレクション。
宣伝用にもかかわらず、豪華ハードカバー。
商品写真のみ、コピー一切なし。超豪華な写真集といった趣き。
「ご自由にどうぞ。」とあったので、いただいた。
「MAGAZIN ZINZIN」は美しく無駄な作りをしている絵本。
装丁、レイアウト、写真、イラスト、オブジェなど、ながめるだけで満足な本。

本以外。奥にたてかけた長方形の物は、チョコレート。
絵がかわいいというだけで、なんと7ユーロ(約1,155円)もするのにモノプリで購入。
後悔。。。。。。。。。
帰国を前に、お財布の紐がゆるゆる。。。
料理本も増殖中。
[PR]
by aix-en-provence | 2007-12-23 21:36 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(0)

温かな、スプーン。

オリーヴの木でできた、職人手作りの匙。
どれもみんな“顔”が違い、個性豊か。
10本ほど並んだスプーンの中から、選んだのは、この4ツ。

f0120569_151843.jpg

“このスプーンで、温かなスープをすくって飲んだら、美味しいだろうな。”
そんなことも思いながら、ぐっと冷え込んだ日曜日の夕方、
オリーブオイルのマルシェにて購入(※)。
木のスプーンは、感触も、見た目も、ほっと温かい。
スープを飲む回数に伴って、さらにいい味が出てくるにちがいない。
1本、3ユーロ(約495円)。

(※)オリーヴ製品は、プロヴァンス地方の名物。
エクス周辺にはオリーヴオイルの蔵元(シャトー)が多い。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-12-22 01:55 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(0)

帰国までにしたい18のこと。

帰国までにしたい18のこと。(12月7日現在)

1.ニコラにもちもちクレープを再び習う。
2.マルセル・パニョルの生まれた街へ行く。
3.プロヴァンスの3姉妹の2姉妹を訪ねる。
4. Ji-Yun、 Manon、Makoちゃん、Sちゃん、友だちの子供たちともっと遊ぶ。
5. ジャンヌに料理を習う。
6.ジャンヌに肉じゃがを食べてもらう。
7.蚤の市で、いい物を見つける。
8.美味しいケーキをたくさん食べる。
9.美味しいチョコレートをたくさん食べる。
10.ノエルの夜、カテドラルに行く。
f0120569_3344389.jpg

11.肉屋でグロい物を買ってみる。
12.イタリア人の友だちに会う。
13. アメリカ人夫婦とご飯。
14.ジャンヌからもらったシクラメンを大切に育てる。
15.蔦に覆われた憧れのレストランへ行く。
16.朝焼け夕焼けを見る。
17.12月31日のカウントダウンに参加する。
18.パン屋のバゲット制覇。

明日になると、もっと増えていると思うけれど、今日のところは、18。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-12-08 03:50 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(0)

住み慣れた街をライカで切り撮る。

2〜3年振りにフィルムで写真を撮ってみた。彼のライカを拝借。
いつもはデジカメで、ほとんどカメラまかせで、なんでもかんでも迷うことなく
パチパチと撮っている。けれど、今日は違う。
ファインダー越しに対象物を覗き、距離を合わせ、構図を決める。
そしてピントを合わせる。
「ピントはちゃんと合ってる?」「構図はこんなんでいい?」何度も何度も自問自答。
対象を前にして、しばらく考え込んでしまい、
挙げ句の果て、シャッターを押すのをやめる。
この繰り返し。
半日歩いて、シャッターを押したのは、わずか2〜3回。

f0120569_23182019.jpg


エクスに住みはじめて1年とちょっと。
住み慣れた街でも何か新たな発見ができるかもしれない。
ヨーロッパ製のレンズで撮るフランスの色は、
どんなふうになるのだろうとも思い、小さなチャレンジを決めた。
扱いが難しいカメラで。

ようやくフィルム2本目になると、多少は慣れてきた。
小さな穴から(ファインダー)覗いて見ると、
いつもの景色がひと味もふた味も違う。旅行者の眼っていうのか。

デジカメで撮った写真のそのほとんどはパソコン上で見て終わり。
プリントすることなく、データ保存。
だからなのか、出来上がってきた写真、紙1枚1枚に重みを感じた。
残念ながら写真は、、、、、、「ライカ様ごめんなさい」。
でもこりずにあと2、3回は、フィルムで、ライカで、エクスを撮ってみようか。

フランスは、フィルムも現像代もものすごく高い。
写真が生まれた国なのに、写真の文化を大切にしている国なのに。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-11-09 23:30 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(7)

『マッチ売りの少女』の視線(?)。

友達を招いてのゴハン。みんなが集まる30分前。
温かな食卓。をイメージして撮ったつもりだったけれど
『マッチ売りの少女』の少女がマッチの炎の中で見たような、
幻影さながらの寂しい雰囲気の写真になってしまった。
f0120569_658386.jpg

集まったのは28歳以上の男3人。注/うち一人はオカマ君。
めくるめくオカマの世界、鉄ちゃん、そしてローマ史と、
皆それぞれの専門分野(?)の話を披露。
やはり、温かな食卓。ではなく、というよりは、インド人もビックリの食卓となった。
料理のメインは13種類のスパイスで作った自家製インドカレー。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-10-14 07:45 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(2)

エクスアンプロヴァンス田舎の昼下がり。

日曜日の午後、友達夫婦の両親が住む家へ。
両親がバカンスに出て留守中のため、友達夫婦は
畑の水やり、部屋の空気の入れ替えを頼まれていた。
エクスの旧市街から車で15分ほどのところにある村へ。
眼前にはサンビクトワールが迫っている。

さっそくカゴを持ってお目当ての無農薬野菜畑へ。
プロヴァンスの豊かな大地で、新鮮な空気を吸い、
太陽の恵みを受けてスクスクと育った野菜たち。
この日の燦々とした光を浴びて神々しくも見えた。
いろいろなカタチのトマト、インゲンを摘み、トマトはそのままで、
インゲンは茹でて、お醤油でいただいた。それはそれはえも言われぬ美味しさ!!
インゲンの甘さには驚いた。
f0120569_20484058.jpg

大地と太陽の恵みでお腹を満たした後は、おひるねタイム。
庭に吊るされたハンモックに寝てみた。
近くの川のせせらぎと鳥のさえずりを BGMに。
この日の午後の気温は33〜34度。暑い暑い・・・風も熱つ・・
室内に戻ると、ひんやり25度。今日は室内の方が気持がちいい。
南仏で憧れのハンモック。わずか15分が限界だった。
f0120569_2050637.jpg

やっぱりフランスは、田舎がいい。
再び二人は「こんな所に住みたい病」になった。
エクスアンプロヴァンスは不便な田舎でも家賃はかなり高い。
風光明美なため、別荘として借りる人、買い求める人が多いためだそう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-28 21:01 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(1)

まことに勝手ながら・・・・。

f0120569_2003686.jpg

私ごとですが、8日からバカンス中のプチバカンスをとります。
今回の旅行先はフランス中央部にある田舎町です。
友達のママの家にてのホームステイ。
題して・・・・
『ソフィーのママの家で、フランスの田舎生活を愉しみながら、
生活の中でフランス語を学ぶ、フランス語にひたる旅。』
果てしなく長いタイトルですが、横尾さんのよりは短いです。

そもそも今回の旅行に招待してくれた友達に
「そー言えば、フランスに来てどのくらい経った?」
「ん〜そろそろ1年。」
「本当?でもどうしてフランス語、上達しないんだろーね。」
「ん〜・・・・わからない。。。。」
・・・・・といういきさつもあり、今回の“合宿”を提案してくれたのでした。
・・・・・というのは、まるっきり本当のことではありませんが、
あれ?少しは本当かも?のところもあり、
しばし、プロヴァンス、この小屋から離れ、
中央フランスの空気を感じて、風、光の様子を見てきます。
彼女のママは料理上手なので、美味しいものをたくさん食べて
まぁるくなって帰ってきます。
それでは、みなさんもよい数日、お盆休みをお迎えくださいませ。
平成19年8月7日  エクスの空の下より。      

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-07 20:15 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(9)

南仏のブルーポワソンとピカソポワソン。

カラカラ〜ン・・・・♪
真ん中にある紐を持って、
左右にかるく揺すると夏の音がする♪涼しげな水辺の音。
f0120569_358108.jpg


もうひとつ、名付けてピカソポワソン。
白地に青の縞模様がピカソのシャツを彷彿させる。
なめらかな木の手ざわりも気持ちいい。
色のすれ具合がアンティーク。
f0120569_3584597.jpg

お肉が多い生活で、無意識に魚を求めているのか、
サカナグッズを一度に購入してしまいました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-04 04:00 | etc・・・・・ | Trackback | Comments(4)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ジャックとソフィー、レーヴち..
at 2017-09-07 13:41
仰(あお)ぐ。
at 2017-06-26 14:32
ジュール、7歳、ひょろり12..
at 2017-06-21 11:29
Petite France(..
at 2017-05-01 10:44
余韻。
at 2017-04-19 12:59
アンティーク ベビードレス。
at 2017-04-06 16:42
繋がることはあらない。
at 2017-04-03 16:06
coco,coco,coco..
at 2017-02-23 16:54
ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(93)
(46)
(46)
(41)
(40)
(37)
(21)
(8)

最新のコメント

> riemusik2さ..
by aix-en-provence at 13:58
> akicosmosA..
by aix-en-provence at 13:50
こんにちは。 お父..
by riemusik2 at 10:37
お久しぶりです。お父様の..
by akicosmosA at 06:33
chikaさ〜ん、ありが..
by aix-en-provence at 22:02
ひばりさ~ん、お久しぶり..
by chika1985chika at 17:50
hisaeさ〜ん、エク..
by aix-en-provence at 14:35

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル