「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:プチ旅行(プロバンス他)( 10 )

夫の聖地へ〜ファーブルの家。

f0120569_23594966.jpgf0120569_002468.jpg
















『ファーブル昆虫記』の、ファーブル(1823〜1915)が晩年暮らした家へ。
広い敷地の中に住居と、現在でも昆虫の楽園、森のような庭がある。

当時のままの状態で保存されている研究室には、
壁一面に備え付けられた陳列棚があり、ガラスの向こうに
ピン押しされた無数の昆虫や貝殻などがびっしり。
10畳ほどの研究室で日夜、研究に没頭し、何冊もの本を執筆したという。
別の部屋にキノコの水彩画や押し花などが展示されていたが、
残念なことに原画、現物を見ることはできなかった。
現在、日本で巡回展が開催されているとのことで、日本にいってしまっているのか。

展示室で、何枚かの写真を見た。
トレードマークの帽子をかぶり、椅子にふかく腰掛けるファーブル。
やわらかなトーンのモノクロームの写真で、私はファーブルコレクションよりも
写真の方に見入っていた。
そばで夫は、目をキラキラと輝かせ、昆虫に見入っていた。
小さい頃、『ファーブル昆虫記』に出会い、昆虫博士になることを夢見ていたそう。
あれから数十年、聖地にようやく辿り着いた。

*************************************
ファーブル博物館は南仏のセリニャン(Serignan)という村にある。
葡萄畑に囲まれた、石造りの昔ながらの家が並ぶ小さな村。
昼下がり、出会ったのはパン屋のマダムと、数匹の猫と、
すれ違った自転車をおす老人だけ。
夕方、光がやわらかくなり、涼しくなったら三々五々、
村人はおもてに出てくるのだろう。

f0120569_012151.jpg

f0120569_01468.jpg

f0120569_048159.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-10-04 01:08 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(1)

プチ旅〜番外編〜旅の思い出10ユーロ。

友達夫婦と一緒に、フランスの真ん中あたりの街、
ST-Amandで行われている運河沿いの蚤の市に。
運河の両側にずら〜っとどこまでもお店が続く。
骨董屋さんに混じり、一般の人たちもフリーマーケットのように品物を広げている。
f0120569_4115862.jpg

アンティークのカフェオレボウルを探している途中、
段ボールにごそっと入った革のサンダルを発見。
色がよく、手にとってみると、なかなかかわいい。
片足だけ履いてみるとサイズもぴったり。
値段を聞くと、5ユーロ。え!?5ユーロ?  即、2足購入。

モニックの家に帰り、「今日、買ったの」と、床に置いてみると、
モニックが「左右、大きさが違うんじゃない?」と指摘。
彼(夫)は、「紙で出来てるみたいで、安っぽい」とまで言う。
モニックの言う通り、あきらかにサイズが左右違う!
確かに紙で出きているみたいでペラペラ、おもいっきり軽い!
でも履いてみると、問題はなかったので一安心。
おそらく素人のハンドメイド。左右サイズが違うのはご愛嬌。
エクスに帰ってきて、ペタペタと履いている。
f0120569_432350.jpgf0120569_4111758.jpg






















にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-26 04:23 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(5)

プチ旅〜VoL.3出会いの旅。

人々との出会いの旅でもありました。
ずっとずっといつまでも忘れない人たちをちらりと紹介。
f0120569_6275335.jpg

*モニック…友達のママ。
 この家の持ち主で、元お医者さん。フランス政府から名誉ある賞を受賞。
 料理上手なのに、「そんなことないわよ」といたってクール。
*B(男)…モニックの友達。パリで活躍する名の通った舞台脚本家(らしい)。
*SとT…お世話になっている親切な友達夫婦。妻は精神科医、夫はプログラマー。
*QとS…SとTの息子。16歳と20歳。
 Sは日本の東大よりも優秀なパリのグランゼコールへ。
* L…Qのガールフレンドで控えめでとってもキュート。Qとは恋人未満友達以上。
 知ってる日本語は「デンシャオトコ」。
* A… モニックの娘(Sの妹)で、陶芸作家。
 敷地内に元養鶏場を大改装したアトリエを持っている。
* L… Mの孫( Sの姪)、パリで暮らすジュエリーデザイナー。
 この家の屋根裏にアトリエがあるため、月1度のペースでやってくる。
* F…Lの恋人。リール在住。笑わせてくれる大柄オトコ。
* EとP… モニックの友達の娘夫婦 。
 この村から30分ほど離れたこれまたステキな村に、
 モニックの家と同じくらいの規模の別荘を所有。
 別荘にお邪魔してゴハンを御馳走になる。Pは銀行家。普段は家族でアフリカ住まい。
 Eの両親の別荘は本当のお城。一度、訪れたことがあります。
*EとPの子供…女のコべべと3歳半の男のコ。まるでお人形さん。
 子供とおしゃべりするのは楽しい♪
*イヌ2匹とネコ2匹、そして羊たち…喧嘩が多いペットたち。
*お城のガイドのマダム…丁寧にゆっくりとしたフランス語で解説してくれた。
 村で会って立ち話をする仲に。
f0120569_6284187.jpg
f0120569_629466.jpg

写真上/ケーキ用のブラックベリーを積みに家の裏の方へ。写真中央/ほら、こんなに積みました!写真下/フルーツいっぱい、モニック直伝のケーキ作り。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-23 06:44 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(0)

プチ旅〜VoL.2田舎ノ休日夢心地。

TGV→ローカル線→車と乗り継いで辿り着いた村では、素晴らしいお城と小さな教会、静かな湖、森、澄み切った広い空が迎えてくれた。そして友達夫婦のママ、モニックをはじめとする人々の温かいもてなしを受けた。
いくつの部屋があるのかわからないほど大きな家は趣きのある石造り。
裏には羊たちが遊びに来る草原、温水プール、菜園、リンゴ、プラムなどの木々や葡萄、ハーブが植わっている。
モニックが医者を辞めた10年程前にパリからここにやってきた。
「すぐそばに森があるのよ。家も気に入ったけど自然に魅せられてここに住み始めたの。ちょっとした楽園みたいでしょ?」と話す。 
私たちの部屋は、暖炉のある20畳ほどの一室。
まるで古城ホテル!バス、トイレが20畳ほどもあるのにも驚いた。
この家、人々、この村を拠点にめくるめく素敵なフランスの田舎での休日を送った。
覚書程度に、“ある1日”を綴っておこうと思う。
f0120569_418326.jpg

f0120569_419622.jpg

f0120569_420618.jpg

f0120569_4194339.jpg


【ある1日〜朝昼晩。】
*朝*バカンス中の朝は10時頃始まる。一番早起きのモニックが朝食を準備してくれる。
テーブルの横の大きな棚の上に数種類のパンが並び、そこから食べたい分だけ自分でとるブッフェスタイル。楕円形の大きなテーブルには、ティースプーン、お皿、カフェオレボウル、そして自家製ジャム3種にバター、コーヒーポット。シンプルな朝食です。
朝食後、車で15分ほどの街にあるマルシェへ買い出しに行く。
帰宅後、裏庭のプールで一泳ぎする人、散策など、思い思いのひとときを過ごす。
キッチンではモニックがシャンソンを口づさみながら、お昼の料理の下ごしらえ。
豚肉を自家製ハーブソースに付け込み、それをオーブンに入れる。そしてサラダ作り。
モニック特製ドレッシングは、本当に美味しい!決め手は自家製ビネガー。
お肉が焼き上がるまでまだ時間がありそう。ワンちゃん2匹を連れ、長靴に履き替えて
牧場のような庭を散歩することに。途中、たわわになったプラムやベリーをつまみぐい。
澄んだ空気を吸い、雲間から時折さす太陽を浴びていい気持ち!

*午後*モニックの「ア ターブル!」の声が響き、みんながテーブルに集まる。
お天気の日は玄関先の庭の木の下で。木漏れ日が気持ちよく、ただでさえ美味しい料理をさらに一層美味しくする。前菜からメイン、サラダ、パン、いつも5〜6種類のチーズ、デザート、フルーツ、コーヒーと続く。ワインカーヴから選んできたワインも。

*夕方*それぞれの時間。ブランコに揺られたり、木陰の椅子に座って家のスケッチをしてみたり。その後、うとうと夕方のお昼ねタイム。目覚めると緑が目の前いっぱいに広がり爽快!牧歌的な風景の中で、午後の時間がゆっくりと流れていく。

*夜*お客さまを招待し大勢で夕食。キッチンでのアペリティフからはじまり、場所を変えてディネ。フランス人男性と少年たちは、実にきびきびとよく働く。テーブルセッティングもするし、食器の後片付けもする。
食後、トランプなどゲーム。12時頃解散。今夜もいい夢が見られそう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-22 04:55 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(8)

プチ旅〜VoL.1フランスの車窓から。

ロングバカンス中のプチバカンスを過ごすため、
フランス中央部ベリー地方の小さな村へ。
まずはエクスアンプロヴァンスからフランスが誇る TGV(新幹線)で一路、北上。
90分程でフランス第2の都市リヨンへ到着。
リヨンでローカル線に乗り換え、Bourges(ブールジュ)へと列車は定刻通りに出発。

f0120569_7454816.jpgf0120569_7462399.jpg
f0120569_7505148.jpgf0120569_7511051.jpg
















ローカル線でのんびりと車窓を流れる風景に身を委ねる旅は旅情的。
線路の両側には田園風景、その中に点在する美しい村、青空にぷかぷか浮かぶ雲、
草を孕む牛たち、向日葵畑が過ぎていきます。
残念なことに向日葵は太陽の下でぐったりうなだれていました。

列車の中では皆、思い思いの時間を過ごしています。
本を読むマダム、ペンを片手にSUDOKU(数読)の問題に向かうムッシュ、
フランスでも大人気の任天堂DSでゲームを楽しむ少年、
そして窓の風景から目を離すことができない私たち。

いくつかの小さな駅に停車し、
列車はリヨンから3時間半で目的地、Bourges(ブールジュ)に到着。
ホームで人々は、頬と頬を合わせビズビズビズ!
久し振りの再会に、みんなあふれる笑顔です。
ここで列車の旅は終わり、迎えに来てくれた友達夫婦の車で
40分ほどの所にあるビラージュ(村)へと向かいます。
車に揺られながら胸は高鳴ります!!

※日本は入場券を購入しないとホームに入れませんが、フランスは自由に入れるため、
出迎えの人、見送りの人がいます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-08-19 08:31 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(2)

セナンクの修道院と夜更けのラベンダー畑で。

昔からラベンダーが咲く頃、訪れたい場所があった。
『セナンクの修道院』。
そして、念願かなってその修道院へ。満開のラベンダーを期待しながら。
7月13日時点で一部、刈入れがはじまっていたようだったけれど、
深い谷にひっそりと佇むロマネスク様式の修道院と、
一年に一度だけ修道院を美しく彩るラベンダーを肉眼で見ることができた。

f0120569_20381124.jpg

1148年創建のシト−会の修道院。
今も修道院の中では修道士たちの祈りと労働だけの修道の日々が連綿と続いている。
祈りのさまたげにならないように一切の装飾を排除した環境。
だからここにはステンドグラスも祭壇画もない。
だからなのか、簡素で厳粛な建築そのものの美が心にしみいる。
f0120569_20372289.jpg

いま、家の中は、ラベンダーがほのかに香っている。
別の日に知人夫婦とドライブに出かけた帰り道、ムッシュが
23時過ぎのラベンダー畑で突然クルマをとめた。
みんなでクルマを降りると、空には満点の星。今にも降ってきそうな星空。
天の川もきれいにはっきりと見える。
無言でしばらく星空を仰いだ。わらかなラベンダーの芳香に包まれながら。
そして、クルマに乗ると、私と妻であるマダムにラベンダーを差し出した。
ほんの数本、畑から失敬してきたそう。
「日本人男性はこんな粋な事、そうそうできないよ」と、隣にいた彼(夫)も感激ぎみ。
とってもとってもロマンチックな夜の出来事だった。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-07-21 21:12 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(2)

オークルカラーに染められた村ルシヨン。

ルシヨン(Roussillon)は、顔料の採掘場として知られ、
リュベロン地方の魅力的な村々の中でも特異な趣きの村。
黄色、オレンジ、バラ色まで、幅広いオークルカラーに染められ、
村の中は、驚くほど色彩豊か。
とりたてて、有名な建造物はないけれど、さまざまな色と、
大切に守られてきた古い街並みを見ながらそぞろ歩くだけで、楽しい。

f0120569_21121274.jpg
▲6月17日、日曜日。あいにくの曇り空。時々、雲間から光がさし、一瞬、あたりがぱ〜っと明るくなる。快晴よりも表情がある素敵な天候。

f0120569_2130147.jpg
▲田園風景にそそりたつオークルの岩肌。その上に村がちょこんとのっている。こんな景色を見たのは生まれてはじめて。

f0120569_2114789.jpg
▲石畳の坂道を登りながら、時々後ろを振り返り景色を堪能。心地よい風が通り過ぎて。
f0120569_2251799.jpg
▲こぢんまりとした村だが、カフェはたくさん。
f0120569_21181337.jpg
▲道の名前が書かれたプレート。色も壁に合っていて、書体も可愛い。フランスは道に名前があるのがいい。
f0120569_21151633.jpg
▲帰り道の道路。車窓から。ワインの葡萄畑、プラタナスの木々、色づきはじめたラベンダー畑を通り抜けて。観光地だけでなく、こんな景色にもプロヴァンスにいる歓びを感じる。すべてを余すことなく記憶にとどめたいと思う。。。
f0120569_21153840.jpg
▲行く途中、のどかなサクランボ畑の中でピクニック。デザートはサクランボの宝石「佐藤錦」(?)。日本では1粒100円(?)。ここはもぎたて佐藤錦がタダで食べ放題!

【ルシヨンまでの行き方】
公共交通機関は残念ながらありません。
アヴィニョン(バス/約90分)→アプト(タクシー/約12 km)→ルシヨン
*私たちの場合〜東京にいる友達のフィアンセの車で。エクスアンプロヴァンスから約1時間15分。 Merci Oクン&Rちゃん。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-06-18 23:07 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(4)

君の青い車で〜♪

5月13日、日曜日、20時。
エクスから車で1時間ほどのところにある友達の家へ行った帰り、
海を見た。

君の青い車で海へ行こう
おいてきた何かを見に行こう
もう何も恐れないよ・・・
そして輪廻の果てへ飛び降りよう 終わりなき夢に落ちていこう
今 変わっていくよ

f0120569_1712269.jpg
   スピッツの「青い車」を口ずさみながら、海ではなく空を撮る・・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by aix-en-provence | 2007-05-14 17:18 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(2)

マノスク近郊の壮大な移動チューリップ畑。

4月8日、マノスク近郊のチューリップ畑へ。
見頃を迎えた色とりどりのチューリップが丘陵をカラフルに染めている。
日本では珍しい(?)オレンジマーブルをはじめ、♪赤、白、黄色 ♪etc・・。
プロヴァンスでこんな壮大なチューリップ畑が見られるなんて
夢にも思ってなかった。本当に感動!
このチューリップは売り物ではなく観賞用。
見頃が終ったら球根をオランダに輸出するとか。
加えて、チューリップ畑は毎年、土の関係で場所を移動するのだそう。
「移動チューリップ畑」へは、Aix en Provence から車(高速利用)で約1時間15分。
f0120569_312884.jpg
f0120569_3131141.jpg
       この日の優しい風に吹かれ、ユラユラ。ほのか〜に香る。
f0120569_3141627.jpg
       
[PR]
by aix-en-provence | 2007-04-12 03:19 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(1)

ニース1泊2日。

3月23日〜24日、友達に会いにニースへ。
24日の朝は天気が良かったけれど、風は冷たく気温は13℃、ビーチは人影まばら。
それでもレストランはビーチにパラソルをたてて、お客さんを待つ。
準備万端。しかし!この日のお昼から雷雨に見舞われる。
賑わいをみせるシーズンはもうちょっと先。

[tabi 情報*エクス・アン・プロヴァンスからニース]
エクスから長距離バスを利用(要予約※)、1名片道26ユーロ、2時間30分。
私が乗った14:30出発のバスは、カンヌにも停車。
※席が空いていれば予約しないでも乗車可能。

f0120569_0503629.jpg
f0120569_0505725.jpg

[PR]
by aix-en-provence | 2007-03-26 01:05 | プチ旅行(プロバンス他) | Trackback | Comments(0)


旧「ベルナーさんちの庭小屋便り」。フランス滞在記とフランスの思い出、東京暮らしのあれこれ。リンクお気軽にどうぞ。


by ひばり(aix-en-provence)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

ぼ ち ぼ ち。 
at 2017-02-19 20:55
6月の北海道はフランスのよう..
at 2016-07-12 20:54
サヴァの缶詰。
at 2016-07-06 13:45
フランス人ツーリストが喜ぶ食..
at 2016-05-09 10:48
春から初夏にかけての旅。
at 2016-04-11 23:03
カールがステキ、ヒヤシンス。
at 2016-03-03 16:57
便利から不便へ。
at 2016-02-29 20:19
遠のいていたフランス。
at 2016-02-25 20:59
横浜・青空・早朝・散歩。
at 2016-01-31 22:03
横浜・青空・散歩。
at 2016-01-26 22:08
実家の胡桃の木とクルミ。
at 2016-01-14 20:56
まぁるく。
at 2016-01-08 11:58
ご え ん を あ り が..
at 2015-12-22 16:32
あまくない、スイーツ。
at 2015-11-30 16:57
と く べ つ な た び 。
at 2015-11-20 10:49

画像一覧

カテゴリ

全体
Aixのいろ* いろとりどり
内ごはん日記
街角アート
フランスの女たち
フランスの子どもたち
外ごはん日記
感じる、ウインドウ
滞在スタイル
季節の贈りもの
仏蘭西犬猫物語
買い物天国
ベルナーさんちの庭小屋カフェ
プチ旅行(プロバンス他)
Aix街案内
事件です!
etc・・・・・
↓帰国後は↓次から↓
France,Paris '11
フランス追想
とうきょう食の記
にちふつ友の記
とうきょう生活の記
とうきょう植物の記
映画・本・学び、アートの記
ほんのお知らせ
北海道とかetc
フランス2014

タグ

(97)
(94)
(91)
(46)
(45)
(40)
(40)
(37)
(21)
(7)

最新のコメント

鍵コメさま お元気..
by aix-en-provence at 17:44
鍵コメさま 返信が大変..
by aix-en-provence at 17:41
カナダから、おかえりなさ..
by aix-en-provence at 19:55
ボーヌに行ったのですね。..
by grandeN at 16:54
hisaeさん、恐れ入り..
by aix-en-provence at 21:07
サラダのドレッシングは、..
by hisae-18 at 13:57
francanaさん、昔..
by aix-en-provence at 19:49

リンクリンクリンク

以前の記事

2017年 02月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

外部リンク

memomemo

披露宴の余興

ファン

ブログジャンル